ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

あなどれないぞ!その、むくみ

夕方になると脚がパンパン、ふくらはぎに靴下の跡がくっきり、ブーツのジッパーが上がらない、だるい、足が冷える・・。そんな経験ありませんか?これは脚に水分や老廃物が滞って、むくんでいるため。足の不調の中でも、むくみを訴える人は圧倒的に多く、とくに女性は男性の2.5倍もの人が悩んでいるといわれます。今現在、むくみは気になっていなくても、脚にだるさがあったり、ちょっと歩くと疲れる、痛む、という人は要注意ですよ〜〜。

セルライトが進行中?

脚には体内の血液の多くが集中し、血管から組織に水分がしみ出しています。この水分は本来なら静脈などが吸いあげてくれるのですが、重力に逆らって流れなければならない静脈血は、ほんのちょっとしたことで流れが滞りがちになります。

このとき、リンパ管がしっかり機能すれば、静脈に代わって皮下組織にたまった水分を吸収してくれます。ところが、組織液の増加が急激であったり、リンパ系そのものに問題が発生していたりするとリンパ排液はうまくいかず、むくみが生じてきます。

通常、動脈を通って末梢に流れてきた水分の約90%は静脈を通って心臓へ戻ります。静脈で回収しきれない残りの10%の水分をリンパ管が回収するのですが、この回収液には脂肪や老廃物、病原菌などがたっぷり。リンパ管は組織にあふれ出た水分のうち最も汚染された部分を集め、リンパ節にあるリンパ球などの働きによって徐々に無害化して、十分にキレイになったところで静脈と合流して心臓へ戻してくれるのです。

ところがリンパ管の働きが悪かったり、流れが阻害されると、浄化のために戻されるべき有害物質を含む水分は回収されず組織内にたまります。これは産業廃棄物の不法投棄のようなもので、まわりの組織にダメージを与えはじめます。これが脂肪組織でおこれば、セルライトの発生です。

セルライト予防にはもちろん、すでに進行中のセルライトをスッキリさせていくためにも、むくみの解消は最優先で考えなければなりません。

見慣れないところの「むくみ」には、気をつけて

体になんの異常のない人でも、長時間立っていたりすると多かれ少なかれ、むくむもの。でも、このような生理的なむくみは一晩寝れば完璧にとれます。それがとれないのであれば、深刻なトラブルが発生している可能性が!

お正月は極度に活動量が減り、食っちゃ寝で太ってしまった?それはあたりまえ。でも食事量は増えていない、日々の活動量もいつも通り。なのに急激に体重が増え、手足や顔がむくむ…。全身むくんできた。あるいは、弁慶の泣きどころ(向こうズネ)のように日頃むくまないところがむくんできた。そんなことがあれば要注意!腎臓や心臓などの異常も考えられます。

20代30代に急増しているトラブル

ネフローゼ症候群が今、20代・30代で急速に増えているとか。腎臓の濾過装置の具合がわるくなり、血液中のタンパク質が多量に尿中に排泄されて、むくみが起こってきます。医学的にはハッキリした原因はわかっていないものの、栄養学的に考えれば、まともな食生活をしていないこの年代に多いということはうなずけます。

まずはタンパク質不足。血中にタンパク質が少なくなると血液が水っぽくなるので、その水分が血管の外に出てむくみます。尿からが失われているタンパク質の補給は必須。また、腎臓という器官は、その構成材料であるタンパク質の交代が比較的早いので、それに見合うだけのタンパク質が入ってこなければ腎臓は再生されません。濾過装置に不具合が生じてあたりまえ。さらに、ビタミンCの不足では腎臓機能が正常に働いてくれませんし、酵素不足では血行改善は無理。コンビニやファストフードで食事をすませているような年齢層に増えるのは当然です。

若い世代にも増えている静脈瘤

タンパク質ビタミンC・酵素などの不足は静脈のトラブルにつながりますが、ふくらはぎ内側の血管がみみず腫れのようにあらわれる静脈瘤もその一つ。血管内の弁の機能が落ちることで、むくみやすくなります。倦怠感や歩くと痛む場合もあります。年配者特有の症状かと思いきや、これも若年齢化。症状が軽かったり、表面上まったく目立たない場合もあるため、見過ごすことが多いのですが、長時間座ったままでいたりすると血栓ができて命にもかかわる「エコノミー症候群」の危険因子に!

静脈壁の重要な材料、コラーゲンを合成するためにはタンパク質ビタミンCが、血流改善や血栓予防には酵素やビタミンEが必要なので、これらの栄養素に目を向けなければなりません。

筋肉を動かしポンプ作用を強化

病的なむくみは医師の診断やケアが必要ですが、一般的にわたしたちを悩ますむくみの解消には、まず、栄養的条件をきっちり整えること。その上で、肌表面をさすってリンパを流すリンパドレナージュやマッサージ、脚の筋肉をしっかり動かす運動などを取り入れることが大切です。

ウォーキングや単に足首の折り曲げエクサイズだけでも、筋肉が伸び縮みすることで血流を促すポンプが働き、脚にたまった水分の上半身への送り出しが促進します。

リンパ管に外から圧力をかけるバンデージの使用も効果的。アロマオイルをつかってのマッサージはむくみだけどなく脂肪の運び出しにも効果的ですし、空気圧をつかったマッサージ器【メドマー】は、リラックスして座っていながらも筋肉を動かし、血管の外にもれだした余分な水分が効率よく吸引され、排水効果の高い静脈に無駄なく押し流していく効果があります。

食生活の見直しをしながら、外部的な刺激や圧を加えることで血液やリンパ液など体内の「水の流れ」をよくして、健康的なすっきりボディを目指していきたいですね。

Topics Lineup