最高の健康を手に入れよう!        第113号  2016. 6. 27
 ○●○●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ●○●○●     ナ タ タ イ  健 康 通 信      
 ○●○●                                   
 ●○●     最新のホリスティック/酵素栄養学をベースに
 ○●      いつまでも若々しく、健康&ハッピーに!!
 ●                   https://www.nstimes.info/  
 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  このメールマガジンは、
   *健康情報が多すぎて、なにを信じたらいいのかわからない
   *体のどこも悪くない、健康のはずなのに体調がすぐれない
   *長年医者に通っているのに、薬を飲んでいるのに、
    いっこうに健康レベルが向上しない 
   *実年齢より10歳若がえりたい!
   *とにかく、健康レベルをアップさせたい!
                 そんな、あなたのためにお届けします。
 
 
 
 
 日本でも実践している人がいることを知り、
 かなりのショックを受けた、
 
 ホリスティック栄養学修士&酵素栄養学スペシャリスト
 ナターシャ・スタルヒンです。
 
 
 健診の控え室で一緒だった50代(?)の女性が
 「乳がん予防に両乳房を切除した」って…。
 
 もう、ビックリ。
 
 私は若い時から「胸が大きいと乳がんに
 なりやすいから気を付けて」と、言われ
 つづけてきたけど、
 
 乳がんへの恐怖より、胸が大きいこと
 そのものが、大のコンプレックスで、
 
 整形で半分くらい切り取っちゃいたいと
 いっつも、思っていたのサ。
 
 
 それでは、今日も元気に
   いってみようか〜〜っ♪
 
 
 
  ☆   乳がんリスク高まる一方
 ★☆------------------------
 
 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが
 奥様の麻央さんについて、
 
 「乳がんで闘病中。深刻な状況」と
 明かした衝撃的な会見をみて、
 
 「私は大丈夫かしら?」って
 心配になった人も多いのでは?
 
 日本人女性の場合、乳がんは35歳
 ころから増え始め、40代後半から
 
 50代前半でピークを迎えると
 いわれているの。
 
 発生率も死亡率も増えているから
 女性としては、やはり心配よね〜。
 
 
 乳がんの原因のほとんどは、
 
 女性ホルモンのエストロゲンが深く
 関わっていることが知られている。
 
 経口避妊薬の使用や、閉経後の女性
 ホルモン補充療法など、体外から
 
 女性ホルモンを追加することによって
 リスクが高くなる可能性があるとも
 されているけど、
 
 このようにエストロゲンを外部から
 補っている場合ばかりでなく
 
 これまで何回にもわたって、お話しして
 きたように、先進国に暮らす私たちは、
 
 エストロゲン様作用をするような食べ物、
 身の回り品に取り囲まれて生活をしており、
 
 どうしても、エストロゲン優勢状態になって
 しまっているの。これが最大の問題といえる。
  https://www.nstimes.info/mailmag/vol105.htm    
 
 
 もちろん、乳がんの家系、初潮が早い(11歳前)、
 閉経が遅い、出産未経験、出産年齢が高くなって
 いる(30歳以上)なども高リスク要因だけどね。
 
 あまり考えたくないけど、このままでは
 
 今後ますます婦人科系のガン、とくに
 乳がんは増えていくのではないかな?
 
 
 
 ☆  マンモグラフィは救い主?
 ★☆-------------------------
 
 がんは早期発見・早期治療が基本的な考え方で
 
 国が健康診断や検診を勧めているけど、
 覚えておかなければいけないのは、
 
 早期発見といっても、がん検査でみつかる
 がんは1センチ程度の大きさになってから。
     (10億ものがん細胞の固まり)
 
 そこまでになるまでには、通常10年〜
 15年もかかっているの!
 
 がんによっては、0.1ミリになると
 転移がはじまるといわれるから、
 
 転移性のがんだと、早期発見でも
 遅すぎるということになっちゃうね。
 
 
 乳がんの早期発見というと、すぐに
 マンモグラフィが思い浮かぶでしょ?
 
 でも、マンモグラフィ検査については、
 否定的な意見も多く、
 
 米国では40歳以下の出産能力ある
 女性には、推奨していないの。
 
 検査を廃止する動きの国もあるのよ。
 
 X線撮影は、少なからずとも被爆をする
 ことになるし、活性酸素を暴れまわらせる。
 
 がんの発生にも,促進にも活性酸素が
 関わっていることを考えると心配ね。
 
 
 それでも、しっかり乳がんの見極めが
 できればいいのでしょうけど、
 
 それが結構、むずかしいらしい。
 
 とくに、日本人女性は欧米の女性ほど
 乳房が大きくないから…。
 
 乳房が大きかろうが小さかろうが、
 乳腺の数にかわりはないの。
 
 つまり、小さい乳房に乳腺が密になって
 存在しているってことね。
 
 乳腺が密に重なる部分から、がんの
 映像をとらえるは至難の業とか…。
 
 それに、
 
 「マンモグラフィでみつかるような
 がんは、治療しなくても自然消滅する
 可能性が高い」って、
 
 主張する医師もいるのよね〜〜。
 
 
 私も個人的には、早期発見の目的での
 マンモグラフィ検査は、おすすめしない。
 
 でも、お風呂に入るときなど、月1程度で
 自分でワキの下〜胸を触ってチェックする
 習慣をつけることは、ぜ〜ったいに必要よ。 
 
 もっとおすすめは、毎日の乳房マッサージ。
 乳房を円を描くようにマッサージして
 
 乳房のまわりに集中している血管、リンパ腺
 などに刺激をあたえるようにするの。
 
 乳房を意識的にいたわるようにすることで、
 予防にもなるし、異常なしこりの
 
 早期発見にも、つながるんじゃないかな。
 
 
 どんながんであっても、何の理由もなく
 いきなり発生してくるわけじゃない。
 
 だから、予防が第一のプライオリティ。
 
 食生活やライフスタイルの問題大だから
 まず、そこから見直していくようにして、
 
 がんにならない体をつくっていきたいね。
 
 
 今日の授業は、これで終り。
 
 
 それでは、起立〜〜っ! 
 
 
 礼 <(_ _)> 。  
 
 
 解散〜〜ん!!
 
 
 
 ☆  あとがき
 ★☆---------
 
 私も24歳くらいのときに胸にしこりが
 できて、近所のクリニックにいったら
 
 大きな病院にいくことをすすめられ、
 「乳がんの疑い」ということで
 
 がん専門病院にまわされ、
 マンモグラフィを受けさせられた。
 
 おっぱいをギューッっとつぶされ、
 めっちゃ痛い経験をしたけど、
 
 結局、がんではなかったみたいで、
 
 しばらくしたら、しこりは跡形もなく
 消えていた・・。n(ー_ー?)ン?
 
 その後、米国ではマンモ検査に対し
 警鐘をならす医師が多いことを知り 
 
 この検査を受けるのを一切やめたの。
 
 日本人女性の罹患年齢は、40代後半
 〜50代前半がピーク。
 
 欧米女性のピークは60〜70歳と
 いわれるから、
 
 欧米型ボディの私は、まさに、今
 ピークど真ん中!
 
 気をぬくことなく
 これまで以上に
 
    気をつけますから〜〜〜っ!
  
 
 あなたが、最高の健康を手にいれ、いつも
 ハッピーでいられますよ〜に・・。
 
 では、また、お会いしましょう!
 
 
 
 
 ==================================
  私の新刊では、乳がんそのものに
   ついては、触れていないけど、
 年齢に関係なく、ホルモンバランスは
  大切だから、ぜひ読んでね!
       ↓  ↓     
   http://tinyurl.com/jdxz9db
 ==================================
 
 
 
 
 >>>> 今日のおすすめリンク
 
 ★ 悪者ではないけれど…
   https://www.nstimes.info/mailmag/vol105.htm
 
 ★ なるべくオーガニック。でもそれが無理なら…
    https://www.nstimes.info/mailmag/vol109.htm
 
 ★  夜間の絶食時間が長い女性は、血糖値も
   乳がんリスクも低い
   https://www.nstimes.info/12-2015/index.html#list04
 
 
 =====================================================
 ■発行者: ナターシャ・スタルヒン 
  サイト: https://www.nstimes.info/
 
 ◆フェイスブックでのフォローは
        http://www.facebook.com/starffin/
 
 ■無断での転載・コピペは厳禁!
  Copyright(C) Natasha Starffin All Rights Reserved.
 =====================================================
 
  ※いただいたメールはかならず目を通しますが、
   お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m 
ナターシャタイムズTOPへ
ナタタイ健康通信のご購読を!

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス:

メールアドレス:

・最新の美容&健康情報、ナターシャ・タイムズ更新情報などを月1〜2回お届けします。
・解除は、いつでも簡単にできます。

プライバシーポリシー
 

 

 
スポンサー広告

 
スポンサー広告

 
ナターシャタイムズTOPへ
ナタタイ健康通信のご購読を!

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス:

メールアドレス:

・最新の美容&健康情報、ナターシャ・タイムズ更新情報などを月1〜2回お届けします。
・解除は、いつでも簡単にできます。

プライバシーポリシー