ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

アブラナ科の野菜が
骨関節炎の予防や進行阻止に効果


ブロッコリー2013年8月の「関節炎とリウマチ」誌に掲載された英国の研究で、ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜に含まれるスルフォラファンという物質が、骨関節炎による軟骨組織の破壊を遅らせることが明らかになりました。

マウス実験で、スルフォラファンを豊富に含むエサを与えられたマウスで軟骨の損傷と骨関節炎が減少していることが確認されました。培養された人の軟骨細胞と牛の軟骨組織を使用しての実験においても、この物質の有効性が確かめられました。研究グループによると、スルフォラファンは、炎症をひき起こす分子の働きを阻止することで関節組織の破壊を減少させるとのこと。

スルフォラファンに抗ガン作用と抗炎症作用のあることは、これまで複数の研究で示されていますが、スルフォラファンの関節への効果を調べた大規模な研究としては、今回がはじめてです。

Topics Lineup

サイト内検索

記事カテゴリー