ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

ビタミンCが
アルツハイマー病における
脳内の毒性タンパクを溶かす

 
サプリメントスウェーデンのランド大学の研究チームが、「アルツハイマー病の患者の脳内にみられる、細胞死と記憶力の喪失につながるアミロイドベータ(変性タンパク質が凝固した物質)をビタミンCが溶解することを発見した」と、2011年8月5日発行の「生物化学ジャーナル)」に発表しました。現在、アルツハイマー病の有効な治療法はないため、この病気の進行を遅らせる可能性がビタミンCにあるとすれば、世界中の多くの国の高齢者にとって朗報でしょう。

「我々がアルツハイマー病の動物(ネズミ)の脳組織にビタミンCを使用したところ、毒性のある変性タンパク凝固は溶解した。我々が導きだした結論は、これまで解明されていなかった、ビタミンCのアミロイド・プラークに対する影響を示すものだ」と、ランド大学の分子医学リーダー、カトリン・マニ博士。

「ビタミンCがアルツハイマーに有効かは、論争を招くだろうが、我々の研究結果は、アルツハイマーそしてビタミンCの可能性について、あらたな研究機会を与えるものである」とマニ博士は締めくくりました。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告