ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ストレスニュートリション

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

更年期障害

女性に多い悩み改善講座 第11回

月経異常、のぼせ、めまい、憂鬱感など、更年期にあらわれる症状はさまざま。個人差は大きく、症状が強くでる人、全くでない人までいろいろ。最近、若い女性達の間でも更年期同様の症状で悩んでいるケースも多いとか・・・。

女性ホルモンの分泌が徐々に減り、体に転機が

更年期というのは、卵巣機能の衰えのために月経が乱れ始めてから、閉経をはさみ、その後、卵巣機能が完全に停止するまでをいいます。その年齢は個人差がありますが、大体42歳頃から56歳頃までの十数年間といわれ、閉経の平均年齢は51歳とされています。

卵巣から分泌されている女性ホルモンは更年期に入って分泌量が徐々に減ってきます。これらのホルモン分泌を増やそうと他のホルモンが一生懸命働きかけますが、いくらがんばっても女性ホルモンの分泌は増えず、逆にどんどん減っていくため、刺激ホルモンがさらに分泌されるようになります。このようなホルモンの大きなアンバランスが更年期の女性の体や心に不調をもたらします。

更年期に入ってすべての女性に最初に起こるのが月経異常で、起こり方には一定の順序があります。まず、月経の周期が短くなってきます。今まで28日周期だった人が3週間に1回とか、1ヶ月に2回生理になるという具合です。そのうちに月経周期が完全に乱れ、だらだらと2週間くらい不正出血が続いたり、2ヶ月くらい生理がこなかったりと不規則な状態が続きます。しばらくすると今度は月経の周期が長くなります。2〜3ヶ月に1回、あるいはもっと間があいたりして、最終的には閉経を迎えます。

更年期障害はPMSと間違えられることがよくありますが、40歳前後の女性で、月経周期が短くなってきているようなら、更年期が始まっているとも考えられます。

ホルモンのアンバランスが様々な症状を招く

ホルモンのアンバランスは自律神経失調を招きます。その中でも典型的な症状がのぼせ。暑いとか、運動をしていないのに、急にのぼせてきたようにあつくなり、同時に顔や頭に激しい汗をかくこともあります。動悸やめまい、脈の乱れ、手足などの冷え、耳鳴りなどを訴える人もいます。

精神・神経状態にも影響はでます。頭が重い、寝付きにくい、夜中に何度も目を覚ます、集中力がなくなる、何もやる気が起こらない、何となく不安になる、落ち込むなどです。そのほか肩こりや関節痛などの運動器官の症状や、食欲がわかない、吐き気や下痢を繰り返すなどの消化器の症状、あるいは、疲れやすい、湿疹などができやすい、口が渇くなどの症状も含まれています。

最近は20代でもこうした症状で苦しむ女性が増えているといわれます。実際の更年期は加齢に伴うごく当たり前の生理現象ですが、若い女性の場・、不適切な栄養摂取により、卵巣の機能が低下したり、材料不足で女性ホルモンの分泌が減り、更年期と同じ状態が作り出されてしまうのです。

ホルモン補充療法? 栄養療法??

更年期障害が出ない方がいる一方、かなり辛い症状で苦しむ方も多く、最近ではホルモン補充療法が注目を集めています。私的には、本来体内で作られるべき物質を外部から補うという典型的な現代医学の考え方には反対です。ホルモンを作ったり、働かせたりする材料をそろえることで体内の栄養条件を調えれば、外部からホルモンを補うことなく症状は軽減するからです。

私自身、昨年50歳になった時に急にひどい症状に見舞われたので、すかさず必須栄養素の多量摂取したところ、一気に改善。最近ホルモンのバランスを調べる検査を受けましたが、同年齢の平均値にくらべ10倍も女性ホルモンの分泌があると、検査をしてくれた先生に驚かれたほどです。

つらい症状から早く脱したいと思うのは当然です。婦人科の先生とよく話し合い、自分にとってそれがベストだと判断すれば、ホルモン補充療法も致し方ないかもしれません。でも、その前に栄養摂取を試してみる価値はあると思います。

まずビタミンEを試してみる

更年期の多くの症状は、ビタミンE(天然)の摂取だけでも改善されている報告が数多くあります。現在、気になる症状を抱えているのであれば、試しに一日200IUの摂取から始め、症状が消えるまで摂取量を徐々に増やします。一日1200〜1400IUまで増やし、6週間試してみるのが一応の目安です。これに分泌線エキスを加えればさらに効果的です。

そのほか健康レベル維持に必要な栄養素は、更年期障害回避にも不可欠といえます。加齢とともに消化能力は低下し、ホルモンづくりや体内調整に必要な栄養素の確保ができなくなるので消化酵素は必需。そのほかプリムローズビタミンCマルチビタミン&ミネラルはどのような場合も必須といえます。更年期障害に限らず、体に何らかの不調がある場合、まず栄養摂取を見直してみることが先決です。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告