ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

全細胞を若返らせ疲れた

体をリセットする絶食効果

お腹まわりのお肉が気になる、疲れやすい、イライラする、肌の調子もイマイチ・・・。 だったら、絶食!金・土・日曜の3日間だけ食事変わりにサプリメント、フレッシュ・ジュースで、心も体もスッキリ、爽快に!! 〈後編〉

3日間絶食が基本

極めて安全な絶食法として、NSSでは長年NS式をおすすめしてきています。NS式は長く続けても健康に問題はありませんが、3日間以上の絶食は専門家の管理下で行うのが原則。家で独自で絶食する場合、3日間を限度として下さい。

絶食初挑戦の方、3日間でも辛いと思う方は、まず、1〜1・5日の週末絶食に挑戦。体脂肪減少、肌の若返り、各種疾患の快復等の目的でも、短い絶食を何回か繰り返すことにより、長めの絶食と同様の効果を得られることが実証されています。

ゆっくり休める3日間を選んでスタート

体内器官を休め、体内クリーニングを目指す絶食療法では、器官、細胞にたまっている毒素や老廃物が排泄される過程において全身的な不快感、だるさ、軽い頭痛を感じる場合があります。

また、尿の色が濃くなる、便の臭いがきつくなる、鼻水や痰が出る、体臭が強くなるなどもありますが心配はいりません。毒素が多い方ほど症状が強く出るので、初めて絶食するときは、最低72時間は重要な約束事のない日、ゆっくり休める日を選ぶのがベストです。

絶食で最大の効果を出すには

せっかくの絶食。最大の効果を出すには:

  1. 前日の食事は控え目、生食中心に
    減量目的の方は、3日間で効率よく脂肪を燃焼するために前日の食事を500kcal程度に抑えます。減量目的でなくとも、器官へのショックを和らげるため、2日前から高カロリー食は避け、生の物を中心に食べるように。

  2. アミノリアル+補助食品は決められた分量を、決められた方法で
    水だけの絶食は絶対にやめてください。また、サプリメント類を勝手に増量したり、減らしたりしないようにしてください。粒のサプリメントだけを摂取して、アミノリアルを飲まない方が早く痩せる・フではと思う人もいるようですが、それは全く逆。体内の代謝機能を落とさず脂肪の分解をすすめるには良質のたんぱく質が不可欠。アミノリアルは超良質たんぱく質がスムーズに体内に吸収されるばかりか、脂肪が分解してできる分解水を素早く体外に排出する助けもしてくれますので、短期間でマクシマムな減量効果が期待できるのです。

  3. 水分をしっかり摂り、塩分も忘れずに
    水分(ミネラル水)は1日グラス8杯はかならず飲みます。アミノリアル+サプリメントだけでは、塩分が不足しますので、ほうじ茶などに天然塩1.6gをいれて、一日2回飲むようにしてください。梅干しをいれて飲むようにしてもかまいません。

    体内クリーニングのためのジュース絶食を実行する場合は、新鮮なリンゴ、キャベツ、人参、セロリなどのジュースや、葉野菜のジュースが理想的。とくに緑葉野菜のジュースは毒素排泄にベストです。市販のジュースは御法度。フレッシュであっても、トマトジュースは避けます。
    寒い時期には、レモン1個を絞り、1カップのお湯で割るホットレモンがおすすめです。

  4. 毎日軽い運動を 
    3日間は激しい運動は御法度ですが、歩いたり、軽いストレッチぐらいはしましょう。体が辛い時は無理をせず、横になって休んで下さい。

  5. 熱い風呂は避け、長湯もしない
    風呂は予想以上に体力を消耗します。ぬるめの湯にさっと入るか、シャワーですませるように。皮膚は最大の排泄器官です。入浴前の全身ドライ・ブラッシングは絶食の体内クリーニング作用を強化してくれます。

  6. ガムは御法度
    口寂しくてもガムは噛まないように。物を噛むことによって、消化酵素の腸管内分泌が開始されますが、消化するべき物がないとトラブルに。

4日目以降が絶食成功の鍵を握る

3日間終了と同時にいきなり食べ始めては、体はビックリしてしまいます。たった3日間の絶食でも、数日かけて普通食に戻します。

4日目は固形物を避けフルーツジュース、野菜ジュース、野菜スープなどの液体だけにするのがベスト。どうしてもなにか食べたいのなら、調理したものは控え、メロン、パパイヤなどの柔らかい果物、すり下ろしたリンゴなどを。

5日目からは消化のいいものなら固形物を食べてもかまいませんが、柔らかく煮た野菜や果物を中心に、良く噛んで。ご飯を食べる場合は、お粥から、2〜3日かけて徐々に普通の堅さに戻していきます。調理したものは、5日目の夕食以降にするのが理想です。

ガマンガマンの3日間で、逆にストレスをためてしまうようでは、絶食の意味はありません。「体が喜んでくれている」「私はこれで若返るんだ」等々、前向きのプラスイメージを心がければ、幸せな気分で3日間の絶食期を乗り切れます。ぜひ、頑張ってください。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告