ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告


アルコール消毒液と
BYON(ビヨン[HOCL]水)

新型インフルエンザの予防法として、アルコール消毒液による、手や指の消毒が推奨されています。食品業界では、手指消毒及びまな板、包丁、ダスター類の除菌はアルコール系が一般的には使用されています。そこで、アルコール系除菌液と、BYON(ビヨン[HOCL]水)との比較をしてみました。

  アルコール系 ビヨン[HOCL]水

≪菌に対して≫

黄色ブドウ球菌、大腸菌などの芽胞形成菌や芽胞

ウイルス

 

 

限界がある

万能ではない

 

一部のウイルスに対しては有効だが、HBV他効果のないウイルスも…。

 

すべての菌に瞬間対応

瞬間除菌

 

瞬間除菌
インフルエンザウイルスはもちろん HBV他、ウイルス全般に効果 あり

≪使用について≫

除菌対象の乾燥

広範囲の除菌

消臭目的での使用

 

十分に乾燥していないと効果を得られない

爆発の危険があるため、空間噴霧ができない

消臭効果はない

 

除菌対象物が水分を含んでいても、同様の強力効果が得られる

噴霧器をつかって、広範囲の除菌に効果的。吸い込んだり、皮膚に付着しても安心

強力な消臭効果がある

(香料の匂いは消さない)

≪肌への影響≫

ある

手荒れで、カサカサに。肌のダメージにより緑濃菌など細菌やウイルスが侵入しやすくなる。

ない

弱酸性で肌にやさしく、手荒れなどの心配がないばかりか、逆に、しっとりする弱い粘膜にも安心。

≪取り扱い上の注意≫

揮発性があり、引火の危険もあるため、取り扱いには注意が必要

紫外線に弱いので暗い場所に保管。菌などと反応した後は水に戻るので、残留性もなく、環境にもやさしい


Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告