ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

がん予防のスーパースター
注目のカロテノイド

 
ソーセージ野菜類には活性酸素を除去する抗酸化栄養素が豊富に含まれています。とくに、がん予防の観点から、赤、橙、黄色などの色素【カロテノイド】が、今、注目の的!

肝臓でビタミンAにかわり、体内でさまざまな機能を発揮することが、カロテノイドの重要な役割とされてきました。しかし、生活習慣病の原因として活性酸素の存在が明らかになるにつれ、ビタミンAに変わる/変わらないかよりも、カロテノイド自体の抗酸化作用に関心が移ってきました。また、数種類のカロテノイドを組み合わせた方が、大腸がん、肺がんなどに対し高い抑制効果を発揮することも、動物実験で明らかになりました。

肝硬変患者の肺ガン予防を目的にした臨床試験では、3種類のカロテノイド(αカロテン、βカロテン、リコピン)を毎日摂取していたグループは、摂取しなかったグループに比べ、4年後の肺ガン発生率が半分以下に抑えられたといいます。

野菜の中ではニンジンが、βカロテン、αカロテン、リコピンが複合的に含まれる理想的なカロテノイド組成。1日1杯ニンジンの生ジュースを飲むだけでも、シミやシワの予防、目の疲れや胃潰瘍の予防、アレルギー体質の改善によいとされます。末期ガン治療で有名なゲルソン療法では大量の生ニンジンジュースを摂取させます。

ちなみにラジカルガード1日分に含まれるカロテノイドは、ニンジンからの複合カロテノイド1日分8mg(ニンジン約8本分[800g])、トマトのリコピンが4.8mg(トマト小2個分)、ルテインが5mgです。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告