ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

酵素サプリのギモン解決!

「消化/吸収力アップ」で
太らないのはナゼ?

 
「ウルトラ酵素で食べたものの吸収が良くなったら、逆に太るんじゃないですか?」というご質問をよくいただきます。ダイエッターの中には、栄養素の消化や吸収をよくするということに抵抗や疑問を感じる人も多いもの。そこで、今回は、消化吸収とスリムボディの秘密に迫りましょう。

消化酵素が多い人ほど痩せている

口にいれた食べ物は、「消化」という過程を経て、さまざまな栄養にまで分解されてから体内に「吸収」されます。吸収された栄養素が、体内のさまざまな物質につくり替えられることで、私たちは、生命を維持しています。

口の中で噛むことで、食べ物の分解(消化)ははじまります。胃の中で化学的&機械的な消化がおこなわれ、粥状になった食物は、胃から十二指腸→小腸と移動しながら、膵臓でつくられる数種類の消化酵素を浴びせかけられ、消化分解がさらに進みます。
太った人と痩せた人の膵臓における酵素量を比べると、痩せた人の糖質分解酵素とタンパク質分解酵素量が、非常に多いことが知られています。

食事からのタンパク質や糖質を分解する酵素が多い=消化能力が高い人は痩せていて、これらの酵素が少ない=消化がうまくいっていない人は太っている、というわけです。

栄養素の吸収が悪いと痩せられない

フルーツを買いに栄養素は完全に消化されなければ吸収されません。したがって、消化力が高いということは、栄養素の吸収率も高いということ。それなのに痩せている…。「えっ?なんで〜」と思っちゃいますよね。でも、これは考えてみれば当然のことです。

私たちは、バッテリーで動いているわけでも、ソーラーパワーで動いているわけでもありません。もちろん、その辺のコンセントから電源を得ることで生命が維持されているわけではありません。
私たちは、体をつくったり、修復したり、動かすための「栄養素」を食事から調達しなければなりません。体に随時必要な栄養素が入ってきてこそ、体はまともに機能してくれるのです。

しかし、食事をしても、消化吸収がうまくいかなければ体内に栄養素は運び込まれません。栄養素が不足すれば、体内酵素はまともに働けなくなり、代謝機能はダウン。体内で消費するカロリーは減り、糖や脂肪の代謝にも支障が出てきます。本来エネルギーとして使われるはずの材料は、そのまま脂肪に形をかえてどんどん体のイヤ〜な部分に蓄積していきます。

栄養素がたりなくなると、脳は「もっと食べろ!」と指令を出しますから、食欲は増します。食べても栄養素が吸収されなければ、代謝アップは望めず、さらに食欲を抑えることも難しくなり、痩せるどころか、どんどん太ることに…。その悪循環を断ち切るには、代謝に必要な栄養素がしっかり体内に取り込まれるよう、完全消化をめざすしかないのです。

完全消化をめざす!

食事のたびに、体は大量の消化酵素をつくって分泌しなければならず、胃腸や膵臓は重労働を強いられます。それでも、なかなか完全消化とまではいきません。

そこで、

@ よく噛んで食べる
A 消化に負担がかからない食べ物を選び、食べ方を工夫する
B 食事のたびにウルトラ酵素をとる

などが、必要になってきます。

完全消化を目指し、必要な栄養素がきちんと吸収される状況をつくってこそ、体内は「無駄な脂肪をつけているヒマなんかないよ〜」とばかりに、目一杯働くようになります。自然と食欲も落ちつき、食べ過ぎることもなくなってきます。

日々の食生活にウルトラ酵素をうまくとり入れ、消化/吸収力アップをめざすことが、無駄な脂肪を落とし、スリムで健康的なナイスボディへの早道となるのです。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告