ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

食品の裏側を暴く(最終回)

これだけは避けたい
食品添加物(3)

 
「これだけは避けたい」と思われる食品添加物を紹介してきましたが、ここでいったんまとめてみましょ・、。

避けたい添加物まとめ

  1. ソーセージ発色剤「(亜硝酸ナトリウム(亜硝酸Na)や硝酸カリウム(硝酸K)など)
    → 発ガンの疑い
  2. 保存料(ソルビン酸[ソルビン酸カリウムを含む]、安息香酸ナトリウムやパラオキシ安息香酸など)
    発ガン、変異原性の疑い
  3. 着色料(特に、青色●号・黄色○号などの合成着色料) 
    発ガンや変異原性、アレルギー誘発の疑い
  4. 甘味料(サッカリン、アステルパーム、ステビアなど) フェニルケトン尿症患者への影響や脳腫瘍との関連性(アステルパーム)、発ガン(サッカリン)、精子減少や不妊・妊娠障害(ステビア)、
    → 食欲コントロール不能の疑い
  5. 増粘多糖類(カラゲニン[カラギーナン]) 
    → 発ガン、潰瘍性大腸炎との関連の疑い

食品のラベルを確認してみてください。ほとんどの食品に、これらのどれかが含まれているでしょう?

これらはさまざまな加工食品に使われているため、多くの人が知らず知らずのうちに口にしているはずです。

下ごしらえに手を抜かない

これらの添加物は、多くは加工食品に加えられていますが、中にはコメや野菜、魚や肉に含まれていることもあります。農薬や添加物の害から身を守るには、できるだけ加工されていないものを材料にして自分で調理するようにしたいものです。材料には新鮮で産地の近い生鮮食品を。有機栽培や無農薬のものが理想です。

その際、添加物たっぷりの調味料やだしの素などを使わないで!加工食品並みに添加物をとることになります。

また、農薬や添加物・ヘ、流水でしっかり洗う、皮は厚めにむく、「下茹で」「面取り」などの下ごしらえをしっかりとする、などで減らすことができます。下茹でしたら、煮汁は使わずに捨てること。添加物や農薬がここに溶け込んでいるからです。

添加物以外にも気になる食品の問題

添加物だけではなく、トランス脂肪酸の問題や農薬・ポストハーベストの問題、食品自体の栄養素が減少していること、キャリーオーバーなどで合法的に産地や添加物の非表示が認められている問題など、私たちの食を取り巻く問題は山積です。また、法で認められているものに限らず、産地偽装や消費期限切れの食品の使いまわし、病害虫に犯された食品の廉価販売など、企業のモラルを疑うような事件も多数発生しています。

私たちの食の安全は、私たち自身が常に関心を持ち、体によいものを選んでいくことでしか守られません。まずは、ご自分が口にいれるもののラベルをしっかり確認することからはじめませんか?

※長い間、お楽しみいただきました【食品の裏側を暴く!】は、今回で終ります。来年1月号からは、【そうだったの?!目からウロコの栄養素】をお届けします。お楽しみに!

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告