ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ストレスニュートリション

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

酵素ダイエットで

みるみるナイスボディ!!

ボディタイプ別 健康のための食事法

メールマガジンでは、4〜5日に一度、私のドジぶりふくめて、なんらかの情報発信するようになりましたが、ナターシャ・タイムスは久々に書いているような気がします。

この間、じつは、ボディタイプ別酵素ダイエットの本も、執筆していたんです。出版は12月に入ってからですが、内容的には、「ボディタイプにあった食べもの、食べ方でヘルシー&ナイスボディ!」(エンザイム・トピックス)を掘りさげたもの。あなたは、ちゃんとボディタイプにあった生活してますか?

5月にお送りした、エンザイム・トピックスはとても好評で、もっと詳しく知りたいという問い合わせが殺到。そこで、急遽、「本を書いちゃおう!」ということになり、それこそ体にムチ打ち、徹夜つづきで、やっとの思いで書き上げました。

でも、出版まで、まだしばらく日数がありますので、今回は、ボディタイプについて、会員様からのご質問が多かったことについてとりあげましょう。

 

何千年も前から行われてきたボディタイピング

古代エジプトの時代から、ボディタイピング(体のタイプをわけること)はおこなわれてきました。東洋では、5000年以上前から、インドのアユーベーダや中国医学の世界で、体質的特徴にもとづき体をいくつかのタイプにわけ、そのタイプ別にそれぞれ適したトリートメント(療法)がおこなわれたり、食事の指導がされてきました。

現代医学はヒフであるとか心臓だとか、体を部分別、それこそ各パーツをバラバラにみて、病気を診断したり治療していきます。そうした診断や治療の仕方に対し、東洋医学は人を全体的にみてバランスをととのえることに主眼をおきます。ですから、全体的な体のタイプを見きわめるということが、なによりも重要です。

東洋医学のような体タイプ別療法は西洋には存在しないと、一般的に思われています。しかし、西洋でもホリスティックの世界では、体のタイプにあわせた療法もおこなわれているのです。

内分泌器官と関連づけたボディタイプ

西洋のボディタイピングは、何千年の経験にもとづいたものではありません。内分泌器官やホルモンの働きがあきらかになるにつれ、それらが体におよぼす影響から個体差の概念がうまれ、代謝タイプ別にわけた療法が試みられ始めたのです。

そして近年、内分泌系と酵素不足をむすびつけたものになってきました。ボディタイプ別酵素不足の考えかたは、都内のクリニックにおいて千人を超す血液栄養分析をおこなってきた私自身の経験ともほぼ一致します。

ただ、食事法に関しては疑問があるため、私は最新の遺伝子栄養学をふまえたものに、若干修正を加えました。

いくつかのタイプにまたがるのが自然

したがって、いくつかのタイプにまたっがってチェックがつくのは、ごく自然であり、自分のダイエットを決定していくうえで問題になることはありません。

すべての人をわずか4つのボディタイプにあてはめてしまうのは、所詮無理なこと。従来のボディタイピングの主とする4ボディタイプから25種類の組みあわせを考えだし、個別のプログラムをつくって提供しているようなクリニックもアメリカにはありますが、それはあくまでも個別にコンサルティングをおこなうことで可能になります。

でも、この紙面でそこまではできません。ですから、ここではだれでも酵素ダイエットを効果的に実践できるように、主な4つのボディタイプだけを紹介しているのです。

あなたが何を一番欲するかを基準に

もっとも多くチェックがついたカテゴリーをあなたの主たる酵素タイプ、つぎを準タイプと考えてください。それぞれの項目をしっかり読み、両タイプに共通する食生活を心がけることです。

また、ボディタイプがハッキリわかっても、特定のトラブルがあれば、そのトラブルを有するボディタイプの注意も、ひろい読みしてみてください。たとえば、自分はまちがいなくAタイプであっても、「乳製品をたべるとお腹がおかしい」ということがあれば、乳製品の影響の大きいLAタイプの項目にも目をとおすという具合です。

なかには、どれもおなじ数だけチェックがついた、あるいは、どれも今ひとつ、「自分はこのタイプだっ!」という決めてがない、という人もいるかもしれません。その場合は、あなたが「なにか食べた〜い」と思ったとき、なにを一番欲するか、それを基準に考えてください。表をつくっておきましたので、ご参考に…。




ボディタイプ
(脂肪のつく部位)
もっとも欲する食べ物 酵素バランスが崩れたとき
見舞われやすいトラブル
Aタイプ
(全体)
マンゴー型
甘いもの (糖分の多いもの)
デンプン質(パスタ,パン,ご飯物) カフェイン(コーヒーなど)
疲労、気分的な落ち込みや鬱、頭痛、不眠症、低血糖、頻尿、糖尿病、肝臓疾患、血行不良、肥満ほか
Lタイプ
(下半身)
洋ナシ型
香辛料のきいた、スパイシー系糖分と脂肪が一緒になっているこってり系、クリーミーなもの 胸の張り、PMS、婦人科系疾患、腎臓疾患、肝機能低下、甲状腺機能低下、むくみほか
Pタイプ
(上半身)
リンゴ型
肉やチーズなどのように脂肪とタンパク質が一緒になっているもの、濃い味つけのもの 動脈硬化、心臓病、高血圧、血栓症、糖尿病、痛風、関節炎などの慢性病、生活習慣病
LAタイプ
バナナ型
乳製品全般 免疫力の低下、慢性疲労、
不定愁訴、慢性アレルギー
慢性的頭痛、全身的な痛みほか


好きな食べものを消化する酵素が不足

ボディタイプをチェックしつつ、あなたが抱えているからだのトラブルとを考えあわせていくと、あなたがふだん、無意識のうちに好んで口にしている食品、無性に食べたくなる食品、そうしたものこそが自分のからだに余分な脂肪を蓄積させたり、からだのトラブルをつくりだしていることがよくわかるはずです。

これは、ちょっと考えればあたりまえのこと。だれでも自分の好きな食べもの、とくに子供のころから食生活の一部になっているものを食べたいと思うのは当然です。ところが、歳を重ねるにしたがって自分の好きな食べもの、自分の体が欲する食べものを適切に消化する酵素は不足してきます。

食べても必要な栄養素が体内に適切にとり込めないため、体の要求は満たされません。だからさらに食べる。しかし、要求は満たされない↓もっと食べる↓体の要求は満たされない。悪循環がはじまります。そして、体のバランスは崩れ、イヤなところに脂肪はつき、さまざまな体調不良で悩むようになるのです。

体の要求を満たせば、自然にコントロール

問題の食品を食べるのをやめれば、問題が解決するかというと、そう簡単にはいきません。体は必要だから摂食要求をだします。それを、ガマンしても、結局は抑えきれなくなってドカ食い。食べすぎて、そのことに対して罪悪感をもち、またガマンすることを考える…。こんなことをくり返していても、ナイスボディは手に入りません。

なにか無性に食べたくなるのは、体が要求しているから。食べてもその要求が満たされないのは、食べたものがまともに消化吸収されていないから。そう考れば、簡単です。

甘いものばかり欲するタイプは糖質を分解する酵素を、タンパク質や脂肪を欲するタイプには脂肪やタンパク質をそれぞれ分解する酵素を…。あなたの不足しやすい酵素をおぎなえば、体が発している摂食信号はコントロールされてきます。体の要求が自然とおさえられるようになります。むりやり食欲を抑えるわけではないので、我慢できなくなってドカ食いに走る、なんてこともなくなります。

食事のたびにあなたのボディがもっとも必要としている食物酵素や酵素食品をおぎない、栄養素が吸収されやすいように食品を食べあわせていけば、酵素パワーは発揮されはじめます。崩れかかったあなたのボディは、急ピッチでバランスをとり戻します。脂肪は落ちはじめ、悩まされ続けたからだのトラブルは嘘のように消えていきます。

エンザイム・トピックスを以前うけとった方も、今回はじめてうけとる方も、ボディタイプをチェックして、いますぐ体のバランスのたてなおしをはかりましょう!

チェックシートはこちらから

ボディタイプ別ダイエット/食事法についてくわしくは、『食べてキレイにやせる酵素ダイエット』をぜひ、お読みください。 

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告