ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

腹筋が弱いと便秘になりやすい

   

便秘をする人は腹筋が弱いといえます。排便のためにトイレでいきむと、横隔膜(胸部と腹部を分けている筋肉の膜)が下がるとともに腹筋が強く収縮して腹腔(胃・肝臓・腎臓・膀胱などがおさまっている腹部の空間)内の圧力が高まります。その結果、便が体外へ押し出されることになります。つまり、腹筋が弱いと、腹腔内の圧力を高めることができないので、排便が困難になり、便秘になるというわけ。そこで、腹筋が簡単に鍛えられて、便秘をその日に解消する運動を紹介しましょう。

便秘に良く効く、爪づかみ運動

@

床に腰を下ろして、両足をそろえて前に伸ばす。上体は起こしたまま。

A

両足を揃えて、45度の角度まで上げる。上がらない場合は、上がるところまででかまわない。

B

状態を前に倒し、両手を前方に伸ばして両足のつま先をつかもうとする。この状態を5秒ほど続ける。

C

3秒ほどかけながら、ゆっくり上体を起こし、両足も床につける。

 

D

@〜Cを1セットとして1度に8セット行い、1日に3度行う。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告