ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

最高の健康は、消化から

ちょっとした体の不調から、深刻な病状まで、その根底には、「消化が関わっている」と聞いても、ピンとくる人は、あまりいないのではないでしょうか?

胃もたれ、胸焼け、消化不良、腸内ガスの充満などであれば、「消化」と結びつけて考えやすいですね。でも、こうしたトラブル以外にも、免疫系や炎症系の疾患を含め、健康上の問題は、すべてといっていいほど、「消化」と深〜〜い関係があるのです。

食べても、
体に入らない?

「私はこんなにバランスよく食べているんですよ」と、誇らしげにいう人に、よくお会いします。もちろん、さまざまな食物をまんべんなく食べるということは大切ですが、口にした各栄養素が確実にきちんと体内にとりこまれ、有効に働いてくれるかどうかは別問題。なにを食べるか以上に、体がなにを吸収しているかが重要なのです。

食物を口にいれる=体に入ると思いこんでいる人は多いと思います。でも、これは、大きな勘違い。口から肛門までの、いわゆる消化器官は、まだ体の外。噛むことからはじまって、多くの消化酵素が胃腸管の中で分泌され、食べたものに働きかけ、分解し、小腸で吸収されてはじめて、栄養素は血液を通じて体のなかに運びこまれます。

この重要な「消化吸収」というステップでつまずけば、食事に含まれていた栄養素は十分に体内にとりこまれません。私たちのすべての細胞がそれぞれ働くための栄養素を必要としていますから、栄養素が不足すれば細胞の働きはペースダウンを余儀なくされます。

細胞がまともに働けなければ、かならず体のどこかの代謝で異常事態が発生。それがドミノ倒しの如く、いくつもの体の状況に影響をあたえていきます。

消化のつまずきで、
こんなことも…!!

たとえば、ホルモンの生産が減ってくるかもしれません。血糖値をコントロールするためのインスリン、ストレス対応のためのアドレナリン、代謝機能のためのサイロキシン、あるいは、免疫系に重要なサイモシンが少なくなるかもしれません。当然、免疫力は落ち、感染症になりやすくもなるでしょう。

タンパク質やビタミン・ミネラルなどの吸収不足から、各組織のタンパク質の入れかえ作業ができなくなり、爪がやわらかく割れやすくなり、肌は柔軟性を失い、筋肉はハリがなくなってくる可能性もあります。術後の回復も著しくスローダウンするでしょう。

脂肪が血管にこびりつくようになり血圧も上昇。よく頭痛がするようになるかもしれません。疲れやすくなり、ストレスを強く感じるようになったり、ウツや精神的な落ちこみを経験することにも…。実際年齢より老化が進み、少なくとも、生活の質は本来のあるべき姿より、ずっと劣るはずです。

こうした影響は、すぐに表面化しないかもしれませんが、静かに進行。気がついたときには、健康上、深刻な影響がでることになるのです。

消化とは
「切る」「外す」の作業

食物は大きく分けると、糖質、タンパク質、脂肪の3つの成分になりますが、タンパク質は、いくつものアミノ酸という「玉」がネックレスのように一列につながってできています。通常は、それが糸くずのように丸められた構造になって存在しています。

糖質も基本的にはタンパク質とよく似た構造ですが、アミノ酸の「玉」のかわりに、単糖体がつながっています。糖がいくつつながっているかによって、砂糖、麦芽糖、デンプンなど、その糖質の種類が決まります。

脂肪は、いくつかのタイプがありますが、もっとも一般的な中性脂肪は、脂肪酸とグリセロールという2種類の分子からできていて、細長い棒状をした脂肪酸が3本、グリセロールに止められた形になっています。

消化とは、このような栄養素の構造上のつなぎ目を「切る」作業です。そして、このつなぎ目を切るナイフの役目をしているのが消化酵素です。

 

タンパク質はプロテアーゼというタンパク質分解酵素が、糖質はアミラーゼという糖質分解酵素が、ネックレスのつなぎ目を1つ1つ切って、玉であるアミノ酸や単糖までバラバラにします。中性脂肪の場合は、リパーゼという脂肪分解酵素がグリセロールと脂肪酸を結んでいる留め金を外す…。これが、「消化」です。

この「切る」「外す」という作業が中途半端だと、栄養素は体内に吸収されず、栄養素不足から様々なトラブルをひきおこすことになります。

でも、問題はそれだけではありません。吸収されなかった栄養素は、そのまま排泄されることもありますが、腸内にとどまり、悪玉菌のエサになったり腐敗し、血液をドロドロにし、これまた、あらゆるトラブルの元になってしまうのです。

完全消化をめざすことが
最重要課題

若いときには、消化酵素は十分につくられ、食事からのタンパク質、脂質、糖質などを細かく分解することで吸収もスムーズにおこなわれ、体中が栄養素で満たされています。しかし加齢とともに、正常な消化活動は衰え、体内で使用するために必要な栄養素を加工する能力が低下していきます。

体が食事からの栄養素を十分に抽出することができなくなれば、これまで見てきたように、健康状態はおびやかされ、あらゆる疾病に好かれることになります。こうした問題は、消化器官内で働く消化酵素の減少によってもたらされることが多いのです。

年齢とともに減っていく消化酵素を補ない、完全消化を実現するため、プロテアーゼ、アミラーゼ、リパーゼなどを含む酵素サプリメントの摂取が米国ではあたり前になっています。食物の消化をサポートするばかりでなく、術後の回復時間を著しく減少させたり、ガン治療の代替療法などにも使われています。

日本でも酵素製品は多くでまわるようになったものの、残念ながら消化酵素を十分に含む製品がほとんどないのが現状です。

「たかが消化」で、すませることはできません。「消化」が健康全般へあたえる影響は、あなたの想像以上に大きいのです。代謝が常に順調に遂行され、いつも健康で、美しく、スリムなボディを維持するため、常に完全消化を目指したいですね。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告