ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

食欲の秋だからこそ成功する!

賢く食べれば
ナイスボディはあなたのもの!

 
と〜っても美味しい秋の食材がたくさん。

この食欲、だれか止めて〜!なんて悲鳴をあげていませんか?

タンパク質と脂肪酸に着目したバランスの良い食事を心がければ、美味しく食べながら健康ボディもホッソリ脚も手に入ってしまうのです!

おさまらない食欲は糖質のとりすぎ?

炊き込みご飯にキノコのパスタ、カツ丼に天ぷらそば。いくら食べてもまだ食べたい!なんてアナタ。その食欲、実は「秋のせい」だけではないのです。

問題は糖質中心の食生活。糖質は消化が早いため、すぐに空腹を感じてしまいます。そこでおやつに菓子パンやお団子などを食べるとさらに糖質を摂取することに。

タンパク質やビタミン・ミネラルが不足し続けた状態では、脳は栄養素を欲しがって「もっと食べて!」とサインを出します。そこでさらに糖質をとれば、余分な糖質が脂肪に直結し、秋太りへまっしぐら…。

簡単にいってしまえば、糖質ばかりの食生活でバランスが崩れているということなのです。

食べ方でみるみる変わる・第一の鍵はタンパク質

フルーツを買いに秋太りのスパイラルを断ち切ってヤセモードに変換するため、「タンパク質中心の食事」に切り替えましょう。タンパク質不足は、基礎代謝低下から痩せにくい体質をつくるばかりか、むくみ→下半身太りを誘発します。健康ボディ&スッキリ脚を目指すなら、タンパク質は欠かせません。

食事のたびに自分の手のひらと同じぐらいの大きさと厚み分のタンパク質が必要です。肉類、魚介類、卵などの動物性タンパク質をすすんで食べましょう。さらに豆腐や納豆など植物性タンパク質を同時にとれば、互いの不足を補いあい、アミノ酸バランスのいい、理想的なタンパク質になります。

十分なタンパク質摂取とともに、糖質・脂質のバランスも大切です。手の平大のタンパク質量に対して、糖質は握り拳ひとつ分程度を。ご飯やパンを食べないかわりに、秋に美味しくなる芋類や南瓜でもいいですね。さらにサラダや和え物などをプラスすれば理想的。

太りたくないからと動物性食品をとらない人も多いようですが、それでは脂肪酸のバランスも偏ってしまいます。アラキドン酸やエイコサペンタエン酸(EPA)など美と健康に不可欠な脂肪酸は、動物性食品からしか確保できないのです。

食べ方でみるみる変わる・第二の鍵は脂肪酸

え?!脂肪は太るんでしょ?という認識の人がとっても多いはず。確かに、とり過ぎはよくありません。でも、脂肪酸もさまざまな重要な役割を担っています。必須脂肪酸が不足すれば、まともな細胞膜ができず、ガンの発生などにつながります。また、生体バランス、たとえば、血圧、体温、血糖値、水分量、アルカリバランス、ホルモンバランスの調整なども、脂肪酸バランスに依存しています。

これに対して、かならず食事からとらなければならないEPA(エイコサペンタエン酸)は、魚離れのため、不足するいっぽうです。また、「惚け」や「もの忘れ」などを防ぐ脳のエイジングケアとして注目されているアラキドン酸も食事からとらなければならない脂肪酸ですが、肉類を毛嫌いしていると不足してきます。健康的なナイスボディのためには、魚も肉も、どちらも食べなければならない、ということですね。
肉ばかり食べて、魚を食べないと、EPAとアラキドン酸のバランスが崩れてしまいます。各昼食として肉や卵を食べたら、夜は魚にする。今日は肉食系が多かったから、翌日は、魚系にする、というように両方うまく配分することを心がけましょう。

健康も脚やせもγリノレン酸におまかせ!

私たちの体に大切な脂肪である、EPAとアラキドン酸は、肉や魚を食べていれば、まず不足することはありません。ところが、体内バランスを良い状態に保つために、もう一つ不可欠な脂肪酸である、γリノレン酸は食物からはなかなか確保できません。このため、これら3つの脂肪酸バランスが崩れてしまうことになり、体にさまざまな問題を発生させてしまいます。

下半身太りで悩んでいる人の多くは、生理不順やPMSなど婦人科系のトラブルを抱えているケースがとっても多いのですが、γリノレン酸を確保すると、すぐにこうしたトラブルの改善がみられます。そればかりか、むくみ等の解消とともに、下半身がホッソリしてくるのです。いかに、脂肪酸のバランスが大切か、ということですね。

γリノレン酸は月見草油が原料のサプリメントから摂取するのが最も確実な方法です。

下半身やせを促進する食材でプラスα

フルーツを買いにタンパク質と脂肪酸バランスを整えた食生活をつづけていると、いつの間にか強烈な食欲を感じなくなるはず。それにともない、体がスッキリしていくのを感じることでしょう。

ここでさらにもう一押し!脚やせに効果的な食材をプラスすれば、ホッソリ脚に拍車がかかります。

海藻(昆布、わかめなど)、小豆、南瓜、アシタバ、ウリ科の食材(キュウリやウリなど)、柿、バナナなど。これらの食材は利尿作用があるので、むくみを解消しセルライトの予防になります。
 
逆に下半身太りを招く「スナック菓子・揚げ物・ベーコン・薫製・スパイシーな料理」などはできるかぎり避けるようにしましょう。

タンパク質と脂肪酸、さらに脚やせ食材に着目したバランス食を美味しく食べれば、元気でスリムな秋を過ごせますよ! 

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告