ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

にんじんパワーを見直そう!!

美白やアレルギーにもビックリ効果

どこの台所にもジャガイモ、タマネギと並んで常備されているニンジン。あまりにもありきたりな野菜で、そのパワーは見過ごされがち。でも、本当は、すごいんです!

こんなにあるニンジン効果

ニンジンの栄養学的価値といえば、そのずばぬけたカロチンの含有量。カロチン類には生体内で発生する活性酸素を除去する働きがあります。
 
1日1本のにんじんで、シミやシワを予防。 1日1.5本で花粉症やアトピー性皮膚炎など、アレルギー症状を起こしにくい体質づくりに役立つことがわかっています。
 
悪性で治りにくいガン、とくに肺ガンや膵臓ガンを縮小させるうえで大きな効果をもつことも明らかにされています。 
 
カロチンは肝臓でビタミンAにかわり、粘膜の抵抗力を強めたり、肌アレ、目の疲れ、喘息、胃潰瘍の予防などに働きます。
 
にんじんには保温作用もあるので、血液の循環を助け、冷え性も改善してくれます。また、副腎皮質ホルモンの分泌を盛んにするため、ストレス、自律神経失調症にも効果があります。ニンジンは心臓病予防にも効果があるとされ、1日200gで、血中コレステロール値が平均11%さがることも、確かめられています。

ニンジンジュースはどのようなトラブルにも

現代医学で治癒の難しい疾患を改善するために生ジュース療法は世界中でとり入れられていますが、そのすべての基本となるのがニンジンジュースです。ニンジンジュースには体の全器官を正常化する作用があるので、あらゆるトラブル改善に使われているのです。

ニンジンはどんな野菜とも相性がいいので、多くの野菜ジュースレシピに使われています。ニンジンの心地よい甘みは、香りの強い野菜をマイルドにして飲みやすくしてくれます。また、ニンジンは即エネルギー・アップになりますので、疲れた時にも最適です。

ニンジンは、単独でもジュースとしておいしく飲めますが、リンゴと組合わせるとさらに口あたりがよくなり、リンゴの栄養価値もプラスされます。ニンジン+リンゴはとってもおいしく、お子さまからお年寄りまで喜んで飲んでいただけます。レモンを適量まぜるとサッパリした仕上がりになり、ショウガを多少加えるとピリッとシャープな味になります。

基本レシピを覚えておこう

にんじん(中)  2本
り ん ご (大)   1個

  1. にんじんは皮付きのままブラシでよく洗います。無農薬の場合でも、土がこびりついていることがありますので、堅めのブラシでよく洗い落としてください。

  2. 頭の部分と尻尾部分は1cm程度きり落とし、ジューサーに入れやすいようにスティック状に切ってからジューシングします。

  3. りんごは皮も芯も丸ごとジューシングしますが、タネには有害なシアン化物がふくまれていますので、すべてとり除いてください。

ブロッコリー、チンゲン菜など、アブラナ科の緑黄色野菜をプラスすれば、強力ガン予防ジュースになります。糖尿病の人は、ほうれんそう、芽キャベツ、サヤエンドウなどとあわせて飲むように。

  なお、どのような生ジュースにもいえることですが、ジュースはつくりおきしておくと、大事な酵素が壊れたり、栄養素が空気中の酸素に触れてどんどん酸化してしまいますので、毎回飲む直前に飲む分だけをつくるようにしましょう。 

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告