ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

PMS 月経前症候群

女性特有の悩み改善講座 第1回

前回のアンケート調査で、女性の悩みを扱って欲しいとのご要望が多数届きました。そこで今回から、シリーズで、「女性特有の悩み改善講座」をスタート。第1回目の今回は、生理がある女性の2〜4割が強い症状を経験しているPMSの解消法を取り上げます。

80%の女性はPMSを経験したことがある!

むくみや腰痛、頭痛、イライラ、憂鬱、不眠、過食など、生理の7〜10日前から不快な症状が出て、生理が始まると同時に解消する・・こんな症状をPMSといいます。生理がある女性の80%もが経験したことがあるといわれ、その内2〜4割の人が普段の生活に支障をきたすほど強い症状に悩まされています。

PMSの主たる原因は、生理前に女性ホルモンの分泌がバランスを乱すこと。エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が多く、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が少なすぎる、あるいはこれら分泌調整に体が敏感に反応しすぎるために不快な症状が出ます。

これは、食事の影響、不安定な血糖値によって生じる他、食物アレルギー、糖代謝の変化、低血糖症、栄養素の消化不良、ストレス等とも関係しているといわれます。さらに、βエンドルフィンの急上昇、ビタミン・ミネラル〔特にカルシウム〕不足、脂肪酸の代謝がうまくいかない等もPMSに影響を与えます。

予防はどうしたらいいの?

PMSの予防には、ホルモンのバランスを整えることが重要。そのためには普段からの食生活、生活習慣を見直しましょう

  • 新鮮なフルーツや野菜、全穀類、ナッツやタネ類を十分食べ、間食は良質のたんぱく質が多く含まれるものを。体内で女性ホルモン同様の働きをするイソフラボンが多く含まれる納豆や豆腐などの大豆食品も積極的に摂りたいですね。

  • カフェインは中枢神経を刺激し、イライラを助長。砂糖、アルコールはマグネシウムの排泄を多くし、症状を悪化させ、塩分はムクミの原因に。これらを避けると症状緩和に役立ちます。

  • 生理の始まる10日程度前にジュースとサプリメントだけの絶食を行うようにすると、症状を軽くすることができます。

  • 日々の軽い運動はストレス改善にも役立ち、PMSの症状を軽くすることにつながります。

解消のための栄養療法ってあるの?

  • 消化酵素/エストロゲンの代謝産物を分解。

  • プリムローズ(1000mgを1日3回)/ホルモン調整力のあるγリノレン酸を補うことは、症状の軽減と腺機能の正常化に不可欠です

  • クエン酸カルシウム&マグネシウム(1日1500mg&750mg)/多くの研究でカルシムがPMSの症状を30%軽減することが確認されていますし、マグネシウム不足がPMSに影響を与えることも判っています。吸収率を上げるビタミンDと一緒に摂るのがベスト。

  • 乳房の痛みや腫れ他、PMS症状にビタミンE(1日400IUから徐々に800IUまで増やしていく)やビタミンC(1日3000〜6000mgを何回かに分けて)が有効。ビタミンA不足もPMSに関係しているとされます。

  • マルチビタミン&ミネラル/症状軽減にはすべての栄養素が必要です。

これら以外では、昔から女性特有の症状軽減に使われてきたハーブ類に注目してみるのも手。日本ではあまり馴染みはありませんが、欧米では、PMSのためのハーブ類は絶対の信頼を持って使われ、多くの女性達の強い味方となっています。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告