ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

老化スピードの鍵を握る

栄養素 Part I

右半分、左半分くらべてみて!

「老化」イヤな響きをもった言葉ですよね。肌にシワがより、シミが目立ってくる 。関節がかたくなる。髪の毛が薄くなる。歯が弱り、骨が脆く折れやすくなる。血管が脆くなり、免疫機能が低下して、病気にかかりやすくなる・・・。こうして書いているだけでも、どんどん暗い気分になって落ち込んでしまいます。

年をとらず、いつまでも若くいたいと願っても、誰にでも訪れる老化。でも、その訪れ方や時期は人それぞれ。決して平等に訪れ、進行していくわけではありません。

医学的にいうと老化の大きな特徴は、細胞の数が減少し、細胞の機能が低下すること。細胞の働きが悪くなれば、酵素は作れず・働けず、心臓や腎臓、血管などの臓器は機能低下、ホルモン分泌バランスは悪化、免疫系は弱る、そんなことが起こってくるのは当たり前です。

老化そのものは病気ではありません。シミやシワ、免疫力の低下などは、加齢に伴って誰にでも起こる現象。でも、不思議に思ったことありませんか?同じ年齢でも、10歳若く見える人もいれば、逆に10歳年とって見える人もいる。外見上だけの問題でなく、頭の働きや体の機能についても、いつまでもハツラツとした人もいれば、かなり衰えてしまう人もいる。人によって老化の速度はハッキリと違います。でもナゼ? 細胞の機能低下をうまく遅らせることができる人と、できない人とでは、何が違うの?

端的に言ってしまえば、「食」の問題。遺伝的要素、生活環境、精神状態、ライフスタイルなど、老化スピードに関わる要素は多いのですが、これらすべてに関わってくるのが栄養素です。

老化はナゼ、どのようにして起こってくるの?

私達の体は60兆の細胞でできていますが、同じ細胞が生き続けているのではありません。建設と破壊がたえまなく繰り返され、平均して200日でほとんどすべての細胞が新しく生まれ変わります。細胞の交代は細胞分裂によって行われ、古いものは死に、新しいものに置き変わります。

また体内ではこのような細胞の交代だけでなく、食事から取り込まれた栄養素を分解したり、他のものに加工したり、あらゆる代謝が四六時中進行しています。

細胞交代をはじめとするこうした代謝活動は加齢とともに遅くなります。そして、寿命がきた細胞や活性酸素ダメージを受けた細胞のかわりとなる新しい細胞が調達できず、また、代謝のためのたんぱく質(酵素)が作れなくなると、老化という現象が起こってきます。分裂しなくなった細胞は、体の組織にダメージを与える有毒なたんぱく質を放出し、老化に加速をかけることも最近の研究で判ってきました。

細胞交代や他の代謝プロセスは、十分な栄養素の確保があればスローダウンしません。活性酸素のダメージを抑え、細胞の寿命を延ばしてくれるのも栄養素です。栄養素が十分なら新しい細胞の調達にも支障をきたすことはありません。こうしてみると、実際の老化進行速度は食生活を通じての栄養摂取の影響を強く受けるというのも頷けるでしょう。

老化防止=活性酸素対策?

寿命プログラム説、フリーラジカル説、DNA損傷説、エラー説、免疫説、ホメオスターシス説、架橋説、生物時計説など、老化学説にはいくつもの説が提唱されているのですが、それらのほとんどに共通して深く関わっているのが活性酸素。

活性酸素に関しては、ナターシャタイムズでもたびたび取り上げていますので、皆様には耳慣れた言葉だと思いますが、ストレスが老化を促進するのも、夏の強い日差しが老化を加速するのも、み〜んな主犯は活性酸素。老化にともなう疾病とされるガン、動脈硬化なども、加齢に伴って否応なしに発生するものではなく、活性酸素によってたんぱく質、DNA、細胞がダメージを受けた結果。活性酸素ダメージの累積が形として現れるのが「老化」ということです。そして活性酸素のダメージを防ぐにも多量の栄養素(抗酸化)が必要であることはいうまでもありません。

活性酸素は生命の中核を揺さぶるほどの力を持っていますから、抗酸化栄養素を含む活性酸素対策は何よりも重要といえますが、それだけに目を向ければ老化速度をスローダウンできるかというと、そうもいきません。

活性酸素対策を心がけると同時に完全なコーディングを目指す。これらどちらが欠けても健康レベルの低下、そして老化は免れないのです。

たんぱく質が作られる過程

私たちの60兆におよぶ細胞一個一個の中心には細胞核があり、そのなかに存在する遺伝子DNAの暗号を元に細胞はひたすらたんぱく質を作り続けています(生命現象の基本事項はたったこれだけ!)。このたんぱく質が組み立てられて、酵素になったり、ホルモンや抗体になります。もちろん皮膚、筋肉、内蔵など体の構成成分にもなります。生態の営みのほとんどが、細胞でつくられたたんぱく質の働きによって起こっているのです。

体内ではあらゆる代謝が進行していますが、これにともない細胞内では必ず、DNAの解読→RNAへの翻訳→たんぱく質という過程が存在していて、これをコーディングと呼んでいます。作られたたんぱく質が酵素である場合には、酵素が機能して目的の反応が起こる次の過程までをコーディングといいます。

一つの酵素が特定の代謝を完了することはなく、必ず一つのコーディングが次の反応を呼び起こし、新たな酵素が作られ、反応を起こし、次へ、また次へと最終成果が得られるまで続いていきます。

通常コーディングは20以上の段階を踏んで進みますが、この過程のどこかで、ほんのちょっとでもつまずけば、コーディングは中断され、体に必要な物質が作れなくなり、老化をはじめ健康上深刻な問題をもたらすことになってしまいます。

スムーズかつ完全なコーディングを目指す

スムーズかつ完全なコーディングが行われ続ければ、私たちは常に健康レベルを保ち、いつまでも若々しく、老化知らずの日々を過ごせることになります。そのためには、コーディングの第一条件である、酵素タンパクの生産が確実に行われ、その酵素が定められた反応をキチンと起こし、目的の必要物質を作ってくれる条件整備をしなければなりません。

そのためには、

  1. 原材料となるアミノ酸の確保

  2. 酵素と一緒に働くビタミン/ミネラルの確保

  3. エネルギーの確保

  4. 細胞内外での環境整備(ホメオスタシスの維持、汚染物質・廃棄物の処理他)

が不可欠(いうまでもなく、これらすべてに、栄養素が関係してきます)。

つまり、私が日頃から皆さんに強調している活性酸素対策はもちろん、栄養素確保、消化吸収改善(不良では必要栄養素の確保ができない)、排泄促進(体内クリーニング)は、完全なコーディングを目指すための条件に他ならないんです。そして、人それぞれ老化スピードが違うのは、意識的、無意識に関わらず、これらの条件整備の達成度合いにかかっているのです。

老化を防止し、いつまでも若さを保つには、活性酸素対策と完璧なコーディングを目指して努力していくしかありません。 行動を起こすかどうかはあなた次第。10年後のあなたが、ぐっと老け込んだ姿になるか、ほとんど加齢を感じさせず、美しく健康なままでいられるか、あなたの考え方ひとつです。

次回は、コーディングに実際どのような栄養素がどのくらい必要なのか、どのように摂ったらいいのか、食事で気をつけることなど、お話ししていきたいと思います。

製品別アンチ・エイジング(老化防止)効果

ウルトラ酵素
加齢とともに消化能力は衰え、栄養素をせっかく摂取しても消化吸収、同化がうまくいかず、その結果体内の活性酸素を抑えきれなくなり、代謝酵素の働きが衰え、免疫力も落ち、老化が加速します。酵素粒はこうした栄養不良による老化現象を防いでくれます。

また、酵素粒は組織の柔軟性維持にも効果を発揮。組織の柔軟性の喪失、タルミや皺などの原因となるたんぱく質繊維のクロスリンキングを止めるばかりか、分解もしてくれます。老化皮膚の若返り、血管のアンチ・エイジングにも、消化酵素粒は必須です。

OPCプラス
老化の主犯は活性酸素。活性酸素を叩きのめす強烈な抗酸化栄養素プロアントシアニジンをベースに、やはり強力な抗酸化作用のあるコエンザイムQ10、βカロチンなどがブレンドされています。

マルチビタミン
体内では何千という酵素が休みなく働き、それによって私たちは生命を維持しています。これら酵素のほとんどは、一緒に働くビタミン&ミネラルが必要です。これら微量栄養素なしには、ほとんどの代謝は実現できません。したがって、ビタミン&ミネラルの不足がないよう気を配ることは、アンチエイジングのための基本中の基本です。

体が要求するビタミン&ミネラルは想像以上に多く、いくらバランスのいい食生活を心がけたところで必要絶対量の確保は無理。そこでおすすめなのが、マルチビタミン(ダグラスラボラトリーズ社製)。12種類のビタミンと10種類のミネラル補助を心がけてください。

デルーチャ
体内の老廃物や毒素の処理をスムーズに行い、細胞内外の環境を整えてはじめて各細胞は与えられた仕事をきっちりこなし、酵素の働きも阻害されることもなく、抗加齢効果を発揮してくれます。

ウルトラCエスター
活性酸素の攻撃に真っ先に立ち向かっていく強力な抗酸化栄養素であると同時に、組織の成長や修復を始め300種類以上の代謝に関わっていますので、十分なビタミンC摂取がアンチエイジングの第一条件といえます。また、ビタミンCがコラーゲンの生成を促すからこそ、血管や骨、歯茎、皮膚などの若さが保たれるのです。免疫力を高めたり、有害物質を無毒化して体外への排泄を促したり、抗ストレスホルモンやインターフェロンの生産を助けたり、高血圧、脳卒中、ガンなどの老化や老年病のリスクを抑制するなど、オールマイティパワーを発揮してくれます。

スーパーDNA
DNAの機能低下を防ぎ、傷ついた細胞を修復したり、細胞の新陳代謝を高めて老化を防止。脳や心臓の再生不能な細胞をも活性化。加齢とともにリスクの高まる心臓病や糖尿病の予防にもつながります。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告