ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

「食べない」なんて逆効果!
食べて脚を細く

「食事で脚が細くなる」という事実をご存知ですか?「そりゃ、そうよ。食べなきゃ細くなるでしょ。」そんな声が聞こえてきそうですね。でも、ガマンして食事やおやつを減らして、体重は思い通りに減っても、結局脚は太いまま…。そんな経験、ありますよね。つまり、単純な食事制限では、脚は細くならないのです。美脚づくりに必要な栄養素を摂取していけば、必ず脚は細くなります。食事を減らすのではなく、いかに賢く食べるか。食べて根本から美脚をつくる、「美脚食」の極意をお教えしましょう。

食べているつもりでも不足してしまう栄養素

食事をする女性「きちんと気をつけて食事をしています」という人でも、食事内容を聞いてみると、必ずと言っていいほど不足している栄養素があります。それは、ズバリ、タンパク質。タンパク質が不足すると、たちまちむくみが発生します。代謝ダウンに直結し、冷えや、やせにくさの引き金にもなるのです。

もっとも手軽に良質タンパク質を摂取できるおすすめ食材は、「たまご」です。自然界の食物の中で、たまごとしじみだけが100点満点の超良質タンパク質。手軽に食べられるたまごは、脚やせだけではなくダイエット成功のカギになります。毎日1〜2個食べるようにしましょう。

一日に必要なタンパク質は、最低でも体重の千分の一といわれています。つまり、体重50sの人なら50gということ。たった50g!といっても、たとえば牛肉の場合、100gの中に含まれるタンパク質は約20g。さらにその中で良質なものとなるとその約80%、たった16g程度しか摂取できません。つまり、50gの良質たんぱく質が必要なら、牛肉で換算して約312gも必要!ということなのです。

タンパク質が重要といっても、お肉や魚だけで必要量をまかなうのは、さすがにカロリーが気になるところ。低カロリーで良質なプロテインを上手に使いましょう。1日に必要なタンパク質量の1/3程度をプロテインで補えると理想的です。

おなじみのアレが美脚食材?!

むくみは美脚の大敵ですが、たまった余分な水分と老廃物を追いだすために、うってつけの食材があります。海に囲まれた日本人にはなじみ深い、「海藻」です。水分代謝にはたらくカリウムが豊富で食物繊維を多く含み、理想的なミネラルバランスで体をキレイにしてくれるばかりか、流れをよくする栄養素も豊富。海苔、ひじき、昆布、わかめ、めかぶなどは、美脚食材の代表です。毎日食べることが、スッキリ美脚への近道なのです。

ハーブは脚やせの強い味方

海藻の中でも、『ブラダーラック』は、昔からセルライトケアに必須の西洋ハーブとして使用されてきました。ヨウ素やカリウムを豊富にふくみ、代謝機能アップ、むくみケア、サラサラのサポートなど、脚やせに必須の条件を整えてくれる、心強い味方です。単品で使うよりもゴトゥコーラ、ホースチェスナッツなどのハーブ類を一緒にとることでさらに美脚効果が高まります。

また、月見草油(プリムローズ)も美脚づくりに欠かせない栄養素として有名です。体内のバランスを整え、やせやすい体質づくりをサポートします。とくに、女性特有のバランス崩れが原因で脚の太さに悩んでいる方には必須の栄養素です。これらの栄養素は普段の食事からは補えませんので、サプリメントを上手に役立てましょう。

栄養条件を整えてスピーディに美脚に!

ホッソリとした美脚を手にいれるには「スムーズな代謝」が何よりも重要です。栄養条件が不足していては、代謝に支障がでて当たりまえ。やせにくくなり、むくみ、セルライトなどが発生してしまうのです。

マッサージやエクササイズをがんばってもなかなか細くならない。ケアをやめてしまうと元の太さに戻ってしまう。そんな経験がある方も、必要な栄養素をしっかりとって体内の環境が良くなることで、きっと着実に変化を実感できるようになるはずです。食べることを楽しみながら、食事ではまかないきれない栄養素はサプリメントを上手に使って、スピーディで効率的な美脚づくりをしていきましょう!

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告