ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

これだけは覚えて

サプリメントの選び方

 
フルーツ市場には多種多様なサプリメントが出まわり、ビタミンC一つをとっても、値段にばらつきがあって、品質もさまざま。なにを基準に選べばいいのか、頭を悩ませている人も多いと思います。情報があふれている時代だからこそ知っておきたい、上手なサプリメントの選び方とは。

サプリメントの王道、ビタミンC

サプリメントの定番といえば、ビタミンC。美肌づくりや風邪対策に人気ですが、ビタミンCはコラーゲンの生成や脂肪燃焼、水分代謝など、体中のありとあらゆる働きに関係しており、健康維持からダイエット、脚やせまで、すべてに欠かせない栄養素です。

ビタミンCのサプリを選ぶときに、まず気にするべき点は、ビタミンCの含有量。野菜や果物をしっかり食べていればサプリは不要、という意見がありますが、加熱や空気に弱いビタミンCは、調理によって破壊されやすく、また、季節外れのハウス栽培や、農薬の使用、土壌の貧しさなどで作物そのものの栄養価も落ちているといわれます。

日本の厚生労働省が定めるビタミンC推奨摂取量は、成人で一日あたり100mgとされていますが、これは、最低限、脚気などの病気を防ぐ量で、体を最高の状態に維持するには最低でも、一日2,000〜3,000mgはとりたいところ。ビタミンCは水溶性で体内に貯めておくことができず、すぐに尿として体外へ排出されてしまうので、一日数回にわけてとるようにします。

ビタミンCは多量にとりたいビタミンでありながら、強い酸性のため、腸のアルカリ環境で反応をして下痢につながります。そこで、ビタミンCのサプリを選ぶときは、“バッファード"または“エステル化(脂溶性に)" されたものを選ぶのが賢明です。

私は、とくに【Cエスター】または【エスターC】と呼ばれる、ビタミンCをおすすめしています。

健康な人はもちろん、ビタミンCを取りこみにくいとされる糖尿病の人においても、すんなり細胞膜に取りこまれ、長時間とどまり、必要に応じて小出しに使われます。また、腸が弱い人でも下痢になることがありません。

さらに、体内での有効利用率をアップする酵素およびバイオフラボノイドをブレンドしていますので、まさに理想的といえます。

ビタミン&ミネラルも吸収率で選ぶ

フルーツ食事が偏りがちな現代人の必須サプリといえばマルチビタミン&ミネラル。食材から十分に摂取できないのは、ビタミンCだけではありません。ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は、不足するとさまざまな代謝に支障をきたし、肥満や体調不良の原因にもなります。

選ぶときは、きちんと吸収をサポートするように考えられているかをチェック。なぜなら、特にミネラル類はとても吸収されにくく、飲んでもラベル表示の2〜3%しか吸収されないこともあるからです。吸収されやすいようにキレート加工がされているものなら安心。また、合成ではなく天然素材のものを選ぶことも、重要です。

プロテインは原材料とスコアが大切

フルーツここ数年、ダイエットにも人気のプロテイン。タンパク質不足は、むくみや代謝ダウンに直結します。体内酵素や新しい細胞の原材料となるタンパク質を、サポーター役のビタミン&ミネラルと一緒におぎなうことで、スムーズな代謝が実現。ムダな脂肪がつきにくく、セルライトケアや、健康レベルの向上にも役立ちます。

プロテインを選ぶときには、まずは原材料に注目。市販のプロテインをみると、大豆由来の製品を多く見かけます。大豆は植物性の為、ヘルシーなイメージがありますが、タンパク質の質を示すプロテインスコアは55。プロテインスコアが高いほどタンパク質として優秀で、100なら、人体に必要なアミノ酸がバランスよく含まれている理想的なタンパク質ということになります。

プロテイン製品を購入するときには、プロテインスコアが100であるかを確認するとともに(アミノ酸スコアとは違うので注意)、原材料は、もともとプロテインスコアが高い動物性のもの(卵や乳清など)を選ぶこと、それから、一日あたり、20グラム程度のタンパク質がおぎなえるかをチェックしましょう。また、日本人の約85%の人が、乳糖を分解する酵素を持っていないため、牛乳で溶くタイプのプロテインは避けた方がベター。

さまざまな研究成果から考えて、私は、ホエイ(乳清)プロテインがベストであると確信しています。ただ、「ホエイプロテイン」といっても、すべての製品が同じではありません。低グレイドのホエイを使い、さまざまな合成添加物で溶けやすさや味を誤魔化した、飲みやすく、おいしいプロテイン製品も多く出まわっています。ラベルを確認し、極力、添加物が少ない製品を選びましょう。

     → ホエイプロテインは、ガン患者が飲んでもいいの?

製品に表示されている情報をしっかりと確かめて、長期間安心して使えるサプリメントを選びたいですね。 

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告