ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

今年は思いっきり欲張りな秋!

美味しく食べて

ナイスボディ&脚やせ実現!

秋は食べても太らない季節。なんて言ったらびっくりしちゃいますね。でも、食べ方次第、食べもの次第でこれはホントのことになるのです。食べた〜い気持ちを満足させながら、全身スリム、しかも脚やせを実現するコツを伝授しちゃいましょう!

そもそも、なんでこんなに食欲が?

気温が高くて体温維持をラクラクできる夏に比べて、気温の低い秋はエネルギーが必要になります。体はそのための栄養素を欲しがっているため、「食べて〜、食べて〜」とサインを出します。だから秋は食欲がわくのです。特に夏の間に食欲がダウンした人は栄養不足の状態になっているから、体からのサインも強烈に出てしまいます。

ここで「新米が美味しいわ〜」なんていいながら、ご飯やパン、麺類など糖質ばかりを食べていたら…。

糖質は消化が早いため、すぐにまた食べたくなってしまいます。そして、手軽に菓子パンやおにぎりに、ついつい手が伸びて、気が付いたら糖質に継ぐ糖質を体に送り込むことに。

すると、糖質を燃焼させるためのビタミンB群が不足し、あまった糖質は皮下脂肪として蓄えられてしまいます。しかも、女性の場合、脂肪を溜め込むレセプターは上半身より下半身のほうが6倍も多いから、脚・お尻・下腹という、「太りたくない3大スポット」に集中!まるでタイツを何重にも履くように脂肪がついていってしまうのです。

おまけに糖質大好き人間にありがちな「タンパク質不足・濃いめの味付け・脂肪過多」は、下半身のむくみをまねき、セルライトができやすい体質を招きます。

これでは、「どこが食欲の秋にナイスボディ&脚やせなの〜?」なんて嘆かれてしまいますね。でも、こうした「秋太り&下半身太り」のメカニズムがわかれば、あとはこっちのもの。これをひっくり返せば、すなわち「食欲の秋に全身スリム&脚やせ」になるのですから。

タンパク質の比率を基点に脚やせ食材をプラスして

まずは糖質中心の食生活から抜けだし、タンパク質の比率を基点に食事を考えるクセをつけましょう。家での食事はもちろん、外食する場合も、まず、タンパク源としてなにを選ぼうか?というところから考えるようにすると、体脂肪をきっちり落とす食事バランスを達成しやすくなります。

一食あたりのタンパク源を、自分の手のひらの厚み&・大きさ分は、確保するようにします。好ましくない糖質(ご飯、パン、麺類、芋類などのデンプン質)は、握り拳1つ分。煮野菜などであれば、拳2つ分OKですし、生野菜類なら、とくに制限なし。体に必要な脂質は、食品に含まれているので、なるべくプラスしないようにします。

この食べ方をしばらくつづけていると、糖質を食べたくてたまらない!という気持ちが不思議とおさまってくるはず。それは、体が必要な栄養素で満たされはじめた証拠。糖質ばかりの食生活で栄養素が消耗され、「足りない、足りない」というサインばかりが出ていた状況を脱したということなのです。

タンパク質をしっかり確保しはじめると、下半身に溜め込まれた水分が排泄され、脚もスッキリ。代謝もアップして重たかった全身も、なんだか軽〜くなってくるはずです。同時に下半身をホッソリさせる食材を積極的にとるように心がけましょう。海草類・あずき・かぼちゃ・あしたば・グリーンアスパラガスやキュウリ、セロリなどがもってこい。柿やリンゴ、バナナ、切り干し大根もおすすめです。

食べものは賢くチョイスして!

脚やせを応援する食べもの
海藻(こんぶ、わかめ、ひじきなど)、あずき、かぼちゃ、セロリ、あしたば、グリーンアスパラガス、キュウリ、りんご、バナナ、カキ、

下半身太りに拍車をかける食べもの
スナック菓子、揚げ物、アンチョビ、ベーコン、ハム、プロセスチーズ、オリーブ、魚介類や肉類の薫製、辛料たっぷりスパイシーな料理など

  1. タンパク質  
    タンパク質を何で摂るかを選択。
    肉、魚、卵など、1食分あたり、手のひらの大きさと厚みが目安。
     
  2. 糖 質
    糖質は握り拳1〜2個分。
    <好ましくない糖質は、握り拳1個分>
    ご飯、パン、麺類、にんじん、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、とうもろこし等
    <好ましい糖質は、握り拳2個分>
    ブロッコリー、ほうれん草、カリフラワー、上記以外のほとんどの野菜、果物
     
  3. 脂 質    
    通常、食材に含まれており、足す必要なし。むしろ、摂りすぎに注意を。
    脂肪分のない食品を食べる場合にはナッツなら4〜5粒を。

糖分/塩分+油脂にご用心。
濃い味付は遠縁に

下半身太りに拍車をかける存在はまだあります。甘いもの、脂っこいもの、味付けの濃いもの等など。スナック菓子やハム・ソーセージ、などは脂肪と塩分がガッチリとタッグを組んで下半身太りに直結。近ごろ流行の塩キャラメル、塩チョコレートケーキなどは、脂・塩分・糖質の三重奏で、まさに下半身太り製造食といったところ。

タンパク質べースの食事をつづけるうちにスナック菓子や揚げ物は不思議と欲しくなくなりますが、それまではこうしたものに近寄らないのが無難。それにはまず買わないことがいちばん。また、食卓には、醤油や塩、マヨネーズなどを置かないこと。食事時についつい習慣的に塩パッパ、醤油やマヨネーズをドバッ…。このような後からプラスする調味料を控えるだけでも、塩分や脂肪の摂取量をだいぶ減らせるものですよ。

食べた栄養をちゃんと消化・吸収するために

ちゃんと栄養バランスを改善したのに、やっぱり食欲がとまらない〜!ということもありますよね。

これは摂取した栄養素をきちんと消化・吸収できていない可能性が大です。夏の間に代謝が悪くなった体は、酵素の働きが低下しています。だから、どんなに食べても、栄養バランスを改善しても、食欲がおさまらないのです。

解決策は、酵素をしっかり補うこと。食物酵素が豊富な生ジュース、生野菜、果物、納豆やヨーグルトなどで消化の負担を軽くしたり、体内酵素の元となる良質のタンパク質をしっかり補給して、体内酵素がしっかり働ける環境をつくりましょう。酵素のサプリメントを利用すればどんな食べ物もしっかり吸収され、体が満足。食欲が落ちつくだけでなく、基礎代謝アップにもつながります。

きちんとリセットできれば
たまには食べ過ぎてもOK!

いつでも理想的な栄養バランスで食事をしている優等生はほとんど存在しないもの。わかっていても食欲にまかせてたくさん食べたくなるときだってあるのです。そんなときは我慢しないこと。ただ、堰を切ったようにそのまま悪習慣に突入しては元も子もありません。サプリを利用して上手にリセットしましょう。

たとえば、昼ご飯を食べ過ぎてしまったなら、夜はウルトラプロテインBFスレンダーに置き換え。もしくは、週に1日、サプリや生ジュースでワンディファストをして、定期的にリセット&クリーンデトックスをしていくといいでしょう。

常に栄養素を確実に吸収できるように保ちながら、バランス良く、そして脚やせ食材を上手に摂って、ナイスボディ&脚やせを確実なものにしていきましょう!

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告