ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

え〜っ!夏ぶとり ??

低下した基礎代謝をアップさせよう !!

あたり前のようにガンガン冷房をかけている事務所は、私にとって極寒の地。「外に出るとあたたかくてホッとする」なんていったら、宇宙人でも見るような目をむけられてしまいました〜っ!

本来、ロシア人のDNAって、寒さに強く、暑さには弱いはずですが、私はまるで反対。ギンギン照りつける太陽にエネルギーをもらって、フルパワーで走り出したくなります。暑いときに噴き出す汗は心地よく感じるし、ジリジリ音を立てて肌が陽に焼けていくのは、快感〜〜!!

やっぱ、私って、ちょっとヘンかな〜??

夏ぶとりしてあたりまえ

猛暑続きだった今年の夏もそろそろ終わり。夏の疲れがどっとでてきていませんか?それに、ひょっとして”夏ぶとり“では?

暑くて食欲がなくなる夏は、夏ヤセするのがあたり前と思っている人が多いでしょう。

たしかに、水分とソーメンくらいしか口にしていなければ、筋肉が落ち、気持ち的にはゲソ〜としているかもしれません。

でも、食べていないわりには、あまり痩せていないのでは?

あなたの期待に反して、じつは夏は一年中でもっともダイエット効果が出にくい季節。もし、ほかの季節とおなじような食事をつづけていれば、夏ぶとりは確実なのです。

夏が終われば食欲の秋の到来。その前に、今すぐ体内改造に真剣にとりくまなければ、どんどん肉布団は厚みを増していきますよ!

夏は基礎代謝がダウン!

食欲もなく、あまり食べていないのに、なぜ太るのか??
  その謎ときのカギは、「基礎代謝」。 一般的に「摂取カロリーよりも消費カロリーを増やせばヤセる」ということがいわれるのはご存じでしょう。
  消費カロリー(エネルギー)を増やすために一生懸命運動しても、運動で消費できるエネルギーはごくわずか。というのも、全消費エネルギーの約60〜70%は、ただ、生命を維持するためだけの「基礎代謝」につかわれているからです。消費エネルギーを増やしたかったら、基礎代謝率アップをめざさなければなりません。
  ところが夏は、一年中でもっとも基礎代謝率が低下する季節なのです。冬にくらべ、なんと10%もダウンするといわれます。冬に1日2000キロカロリー食べて、太りもしないしヤセもしないという人が、夏に同カロリーの食事をとりつづければ、1日あたり200kcal分ずつカロリーオーバーになり、1ヶ月で約1kg太ってしまうことになります。

体温維持に必要なエネルギー

からだの体温維持ができなければ、私たちは死んでしまいます。体内の酵素が働くためにも、体温がつねに維持されていなければなりません。

寒い冬に体温をたもつには、外気と体温との差だけ熱をつくりださなければなりません。熱づくりには多大なエネルギーが使われますから、基礎代謝は高くなります。

一方、夏は外気温が高いため、体温維持のための熱をつくりだすエネルギーは最小限ですみます。

体は血管を広げて熱をのがしたり、汗をかいて体温をさげたりしますが、熱の生産ほどのエネルギーは必要ないので、基礎代謝は低くなるわけです。

夏に食欲がなくなるというのも、体温維持のためのエネルギー必要量が少ないため、エネルギー源を体が要求しないから。

脂肪の多いものを倦厭し、さっぱり系のものが食べたくなるのは自然の理なんですね。

栄養素不足では基礎代謝は低下

とはいえ、「ソーメンしか食べてない」みたいな、糖質オンリーの食生活をつづければ、筋肉を落としますし、基礎代謝はますます低下して、秋から冬にかけて、より脂肪をため込むようになってしまいます。

この季節は、エネルギー源となる糖質や脂肪をとるよりも、体温維持以外の代謝プロセスがスムーズに進行して、マクシマムな基礎代謝を実現するための栄養素に目をむけていかなければなりません。

基礎代謝で消費されるエネルギーの50%以上は筋肉と肝臓で使われていますから、筋肉の維持を心がけるとともに、肝臓における基礎代謝率アップを目指すことが大切です。いずれも良質タンパク質(アミノ酸類)、ビタミン&ミネラルが必要なのはいうまでもありません。さらに核酸(DNA+RNA)を加えれば、よりベターです。

この夏、活性酸素対策は万全だった?

基礎代謝が低下するのは、気温的な要因や適切な栄養素不足からばかりではありません。

夏の強烈な紫外線や暑さは、体にとっては大きなストレスとなり、その結果、活性酸素が体内で暴れまわります。活性酸素は猛毒のようなもので、体の細胞膜やタンパク質、さらには遺伝子DNAまでも傷つけたり、酸化させていきます。

まともな代謝プロセスは阻害され、細胞本来の働きはそこなわれますから、基礎代謝の低下もまぬがれません。もちろん体全体の老化が進むことにもなります。遺伝子が傷つけば遺伝情報が狂い、本来の仕事とちがうこと、つまり、本来つくるべきたんぱく質ではないものをつくりはじめ、突然異変がおこります。

活性酸素の脅威から身を守るため、私たちの体には多種多様な抗酸化物質が備わっています。でも、これらの働きは加齢とともに衰えます。活性酸素の発生速度が早ければ、それを抑えるパワーも追いつきません。

そこで、基礎代謝アップにはもちろん、老化を防止し、細胞からの若返りを図っていくために抗酸化栄養素が必要になるのです。ビタミンA・C・E、OPCプラス、スーパーDNA。プリムローズに含まれるγリノレン酸も抗酸化力が強いことが知られます。

今からでも おそくない!

秋にむかい、本来なら基礎代謝は少しずつアップしていくはず。でも、適切な栄養摂取をしないまま、活性酸素対策も中途半端だったあなたの基礎代謝はおそらく最低レベル。涼しくなるにつれ食欲が増すなか、エネルギー消費は増えず、体はどんどん脂肪をためこむ方向に働いてしまいます。
  今からでも遅くありません。筋肉づくりに目を向けつつ、良質プロテイン+ビタミン&ミネラル、そして抗酸化栄養素をしっかり摂取して下さい。
  ちなみに強力な抗酸化作用ばかりでなく、損傷した遺伝子の修復に効果があるとされるDNAは、この季節のおすすめサプリ。DNA&RNAの核酸成分と各種栄養成分のブレンドは、肝臓の無駄な負担を軽減、基礎代謝アップに役だってくれるため、ダイエット効果はもちろんのこと、いつまでも若さを保てるよう応援してくれます。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告