ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

e-bookプレゼント

 

簡単セルフケアで“ストレス食い”を解消

 

ストレスケア特別講座 酵素&酵素セラピー

 

無料ウエビナー“意識”が栄養を変える?!

 

ストレスニュートリション

 

ストレスニュートリション講座ページへ
ストレスニュートリション講座ページへ

 

 

 

ひどい火傷をおったのですが、

先生がケガされたときの

サプリメント

火傷にもいいのでしょうか?


そのまま当てはめて考えていいでしょう。

組織の損傷を急速に修復する必要がありますので、タンパク質やビタミン&ミネラルは、普段以上に必要になるのは当然です。

火傷は大量の体タンパクをこわします。火傷が落ち着くまでは、通常の倍近い良質タンパク質がすすめられます。アミノリアルであれば(火傷の度合いにもよりますが)4〜6袋を1〜2週間続けるようにすると治りは早いでしょう。

酵素は朝起きてすぐ4〜5粒、食事前に1〜2粒、食間に1粒、寝る前に1〜2粒のパターンを1週間程度続けたら、あとは、元の摂取量に戻せばいいでしょう。

ビタミンCはコラーゲンづくりに不可欠ですし、火傷のなおりを飛躍的に早めます。栄養療法では、火傷をした寸前に10,000mg、その後は1日3回2000mgずつを治癒するまで飲み続けることがすすめられています。

気をつけるのはやめるとき。火傷がよくなったからといって、多量に摂取していたビタミンCを急激にやめたり、急に量を減らすことはせず、徐々に減らしていくことを心がけてください。

また、ビタミンEは1日600IUから徐々に1600IUまで増やします。

ビタミンEは治癒を早めてくれるだけでなく、火傷の跡が残らないように働いてくれます。

炎症がある程度おさまり、治癒がはじまったら、ビタミンEのカプセルを切り開き、火傷部分にを直接塗るようにするとより有効です。

かならず天然のビタミンEを選ぶようにしてください。

一日も早く不快な症状が消え、痕が残らないことを願っています。

Topics Lineup

サイト内検索

記事カテゴリー