ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ストレスケアと食事法

 

体に効くサプリメント選択術

 

ストレスニュートリション

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

今年こそ夏バテ&夏太りに
ピリオドを

夏のカラダのメンテナンス

暑くて食欲が出ない、口に入れるのは喉ごしのいい冷たいものばかり、熱帯夜のせいで寝不足……。気分はげっそり、なのに思ったより痩せていない。それどころか太ってる?!

「暑いんだから仕方がない」「夏バテも夏太りも毎年恒例よ」なんて思っているあなた、今年こそ憂鬱な夏にピリオドを打って、元気で美しい夏のレディーを目指してみませんか?夏を健康に過ごすことは「秋のキレイ」にも繋がっていくのです。

まずは夏バテの原因を究明。そして夏バテを防ぐ生活スタイルを取り入れていきましょう。

夏のカラダの状態と夏バテの3大原因

じっとしていても汗が出るうえ、食欲がなくて冷たいジュースやアイス、冷麺に冷奴などさっぱりした食べ物ばかりが欲しくなる夏。そんな季節に太ろうものなら「アイスを食べ過ぎたせいかしら」なんていい出しそう。「夏やせ」という言葉もあるように、一見して夏はダイエットに最適な季 節に思われがちです。

けれど実際はそのまったく逆。夏は基礎代謝が冬に比べて約10%もダウンして、一年中でも最も痩せにくい季節なのです。食べてないわりには痩せていかないのはここに原因があります。ましてや他の季節と同カロリーの食事を摂り続けていたら夏太りは確実。

夏の基礎代謝がダウンするのは外気温が高いため、体温を維持するために熱を作り出すのにそれほどエネルギーを消耗しなくてもいいからです。また、食欲がなくなるのも体温維持のためのエネルギー源となる食物をそれほど必要としないからです。

この基礎代謝がダウンしたところに、夏バテの3大原因が重なると夏バテが起きてしまいます。3大原因とは次の3つ。

  1. 体内の水分とミネラル不足
    夏のカラダは汗をかいて体温を一定に保とうとします。汗と一緒に体内のミネラルも失われてしまうため、体調を崩しがちに。

  2. 必要な栄養素の不足
    暑いと胃の消化機能が低下し、栄養の吸収も悪くなります。必要な良質タンパク質(アミノ酸)やビタミン&ミネラルが不足し夏バテの症状が出やすくなります。

  3. 暑さと冷房による自律神経失調
    冷房がきいた室内と暑い室外とのギャップによって、体温を調節する自律神経の働きが乱れてしまいます。さらに冷房や冷たい食べ物の摂りすぎで低体温になり免疫力が低下して夏風邪など体調不良の原因に。

簡単にいえば、冷たい糖質系のものばかり口にして、冷房ギンギンの室内と暑い外を行ったり来たり、お風呂もシャワーで済ませてしまう、という生活をしていれば誰でも夏バテになってしまうというわけです。

紫外線と暑さによる活性酸素も要注意!

ところが夏バテにはもうひとつ、忘れてならない重大な要因があります。

それはアンチエイジングが流行し始めたころからさかんにいわれている「活性酸素」。活性酸素といえば「サビ」の原因とされ、細胞やタンパク質、さらには遺伝子(DNA)までも傷つけたり、酸化させたりしてしまう非常に恐ろしい存在です。代謝プロセスは阻害され、細胞本来の働きが損なわれてしまうため、カラダ全体の老化が進んでしまうのです。

夏の暑さや強烈な紫外線はカラダにとって大きなストレスとなります。その結果、活性酸素が体内で大暴れしてしまうようになるのです。夏の体調不良の原因は、こんなところにもあるわけです。特に近年は地球温暖化でますます夏は暑く、紫外線は強烈になってきていますから、カラダが受けるダメージも相当なものだと考えられます。

夏のカラダを守る生活スタイルにチェンジ

敵を知れば対処は可能。夏バテの原因がわかれば、予防するのも心がけ次第です。それも大々的で特別な工夫ではなく、ささやかな生活スタイルの工夫を積み重ねていけばいいのです。継続は力なりを忘れずに!

◆冷たい食べ物や飲みものを摂りすぎない

現代女性は冷房のせいで夏でも冷え症の症状があるほどです。冷たいソフトドリンクを温かいハーブティーに変える、ソーメンより実だくさんスープを選ぶなど意識して。

◆良質タンパク質とビタミン&ミネラルを補給

これらの栄養素は筋肉の維持と肝臓の基礎代謝をアップさせるために欠かせません。魚や肉、野菜や果物、海藻類などから栄養素の確保を心がけましょう

◆抗酸化物質を上手にとりいれて

活性酸素の害を少しでも抑えるために、毎日抗酸化物質を摂取しましょう。夏に出回るトマトにはリコピンやポリフェノールが、茄子にはアントシアニンが含まれています。これらはいずれも抗酸化物質です。

◆水分補給はこまめに「水」を

水分が不足すると脱水症状をはじめさまざまな影響がでてしまいます。大切な水分補給はお茶や清涼飲料水ではなく、冷やしすぎていない「水」がいちばん。ただしたくさんの水を一気に飲んだりせず、少しずつこまめに飲むように心がけて。ミネラルウォーターのペットボトルを持ち歩くといいでしょう。

◆冷房を加減して

室内外の温度差は5℃と心得て冷やしすぎないように。夜寝るときは寝しなにだけ冷房を。

◆シャワーだけはX。バスタブに入ろう

夏はシャワーだけという人も多いもの。けれど、ぬるめのお湯につかることは夏の生活で乱れた自律神経のバランスを整え、不調を軽減してくれます。できれば半身浴を。副交感神経が活発になり、リラックス効果も得られ、入眠を促します。

◆紫外線を避ける工夫を

外出する際は夜以外は日傘や帽子などで日よけを。バカンス先でも真っ黒に日焼けなどしないように。

Topics Lineup