ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ストレスケアと食事法

 

体に効くサプリメント選択術

 

ストレスニュートリション

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

「夏向けボディ大作戦」

NS式3日間ダイエットなら

“健康でスリム”に

毎年、夏をむか迎える時期になると、「しまった!」なんて思っていませんか? そして次の瞬間には、「もういいわダイエットは来年の夏までに」なんて投げやりになってしまったり。
体力に自信のないあなたは「ダイエットすると夏ばてバテするから」とため息。せっかくの夏も、これでは楽しめるはずがありません。
健康でほっそりスリム、しかも夏バテなしなんて都合のいいことは望めないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。NS式3日間ダイエットなら、決して夢ではないのです。

脂肪を効率よく燃焼して、健康&美しく!

夏直前のダイエットはどうしても短期決戦に。けれど一般的な「急激ダイエット」は脂肪以外の重要な組織(筋肉や骨)を減らしてしまうので、体調はを崩すうえれやすく、リバウンドを起こすことがほとんどでもしやすくなります。

理想のボディになれるうえ、夏バテどころか健康度もアップする短期ダイエットがあったなら… そんな願いを叶えてくれるのがNS式3日間急速ダイエットです。

NS式3日間ダイエットは、3日間、食事をとらずがわりにアミノ酸バランスのいいプロテインなど栄養補助食品だけで過ごし、その後3日間かけて普通食にもどしていきます。そのことによって確実に体脂肪分解・燃焼させてリバウンドしなにくい体づくりを実現します。

健康維持のために必要な栄養素はしっかり確保しますから、代謝を落とすことはなく、空腹感もなしに、絶食療法に匹敵する減量効果が望めます。実際、実践者の多くが、1回の実践で2〜5キロの急速減量に成功。ウエスト10センチ近く減ったという報告もあります。また、何回かくり返すことで、10キロを超える減量に成功している例も多いのです。

「来週、水着になるときまでにウエストラインをスッキリさせた〜い」。そんなあなたの望みも、NS式ならバッチリです。

NS式は急速なだけでなく、安全に痩せることができるため、20年にわたり成功者を生みだ出し続けてきました。

必要な食品はたったの2つ!
BFスレンダー+ウルトラプロテイン

NS式3日間ダイエットを実行するために用意するベースとなるサプリメント食品はたった2つ。急速な脂肪燃焼を可能にするために必要不可欠な超良質タンパク質パウダー<ウルトラプロテイン>と、アミノ酸はもちろん、ビタミン・ミネラルが豊富で、急速減量を支える補助食品をしっかり確保するためのビール酵母と海藻濃縮末がブレンドされた、<BFスレンダー>です。

単にカロリーをカットする一般的なダイエットは、筋肉が落ちてしまうことがほとんど。そのためエネルギー消費量が減ってダイエットを繰りかえ返すたびに痩せにくくなります。

NS式が筋肉を落さず脂肪を効率よく燃焼させるのは、<ウルトラプロテイン>で超良質タンパク質を体重のほぼ1000分の1確保すると同時に、<BFスレンダー>でタンパク質の働きを支えるビタミン・ミネラルをキッチリ補給するからです。

この2つで基本的にNS式は実行可能ですが、プリムローズ(月見草油)・バイオハーブビタミンCなどと併用することでがあれば、より確実な効果がを生み出します。

なぜ、体脂肪が短期間で減るの?

では、なぜNS式だとこんな短期間で、体脂肪が減るのでしょうか?それは、「脂肪組織の同化(建設)を抑えて、異化(分解)を優性にする」という、体脂肪排除の大原則を守っているからです。

お腹はもちろん、お尻や太もも、あなたの体のあちらこちらに蓄積している脂肪。これらはまるでずっとそこに居座っているかのようでしょう?でも、実は常に分解されては新たにつくられる脂肪と入れかわっています。古い脂肪が分解されても、新たな脂肪がつくられれば、ボッテリ・ボディはそのまま。

そこでまず、新たな脂肪が合成されないよう、脂肪の原材料をカット。体脂肪の原材料といえば、主として糖質(ご飯やパンなど)。NS式では、「普通の食事は口にしない」ことで、この糖質を徹底的にカットし、新たな脂肪合成をまずストップさせます。

脂肪合成を抑えたら、次は、すでに蓄積している脂肪の分解を加速させるために、体内の働き(代謝)を活発にして、消費エネルギーを増やさなければなりません。そこでもっとも重要な役割を果たすのが、超良質タンパク質。

摂取された超タンパク質を元に、体内では多種多様のタンパク質がつくられ、血液が全身をかけめぐり、筋肉が動き、体温が保たれ、生き続けるための活動が進行します。こうした体内の活動には想像以上のエネルギーが使われます。体内の働きが活発になればなるほど、細胞の入れかわりは促進され、若さは保たれ、無駄な脂肪の分解も間違いなく促進されるのです。

ちなみに、脂肪はカサの割に軽いため、実際にかなり体脂肪が減ってサイズダウンしても、体重にさほど響きません。しかし、確実に体脂肪を減少させるばかりでなく、短期間に脂肪蓄積型ボディをリセットし、脂肪燃焼モードに切りかえるには、NS式の実施しかないのです!

素早くすっきりボディを手に入れるためにはもちろん、夏バテせず元気いっぱい過ごすためにも、 <ウルトラプロテイン><BFスレンダー>は大いに役だってくれます。理想のボディで素晴らしい夏を過ごせることを祈っています!

思ったほど効果が出ない、その原因は?

決められたこときちんとやったつもりなのに、期待通りの効果が出なかった。そんなことにならないよう、次のことに気をつけてみましょう。

  1. 体重・サイズのはかり方とはかる時間は一定に
    体重は同じ日でも、朝と夜で2kgくらい違うことも!朝起きてすぐ、トイレをすませてから測って記録するように統一しましょう。サイズは、つねにメジャーでグッとしめて測るように。

  2. ダイエット前日の食事を食べ過ぎないで
    「明日からは食べられない」からと食べおさおさめはタブー。前日の食事量が多いと、体はその処理だけで3日くらい費やすことになり、脂肪は燃焼してくれません。前日からプログラムははじまっているという意識をもって。

  3. 便秘をしないように!
    便秘をしていても脂肪が減らないわけではありませんが、体重は落ちてくれません。普段から便秘症の人は、バイオハーブを増量してみましょう。

  4. こまめに体を動かして
    体をゆっくり休めるのは必要ですし、激しい運動はすべきではありませんが、家の中でこまめに動いたり、歩いたりするのは脂肪燃焼ペースがスピードアップするのでおすすめです。

  5. "燃焼水”が排出されていない
    脂肪組織の細胞は、脂肪球と呼ばれる大きな玉を抱えこんでいて、脂肪が分解してできた水が、替え玉になって球形を保つ傾向があります。その水が排除されるまで、体重は減りません。

  6. 適切な栄養素はきちんととって
    摂取すべき量をまちがえていたり、NSS製品以外のプロテインやサプリを使った場合、急速な脂肪燃焼に必要な栄養素のバランスがつくれず、狙った効果は出ません。塩分の摂取忘れも体重に響きます。

  7. 排卵・生理日には行わないように
    ホルモンの影響で体内に水分が溜まりやすくなるので、体重は減らないか、一時的に2kgぐらい増える人もいます。ダイエットはこの期間は行わないのが鉄則。

  8. 長期戦に切替えたほうがいい場合もあります
    一応の成果はあっても、"腹囲" や"体脂肪率" がまだまだ過剰というケース。長年かかってタップリついてしまった脂肪は、短期間で「キレイさっぱり」とはいきません。長期戦に切りかえましょう。

  9. やり抜けない人は別のサプリをおすすめ
    どんなに優れた減量法でも、それをやり抜かなければ効果は出てくれません。食事を口にしない3日間だけでなく、リカバリーの3日も同様に重要です。どうしてもやり抜けない人は、「スリムショック」の併用がおすすめです。

リバウンドを防ぐために!

3日間のNS式を終え、リカバリーも無事終了。でも、このあと「元の食事に戻して大丈夫?」「一気にリバウンドしたらどうしよう」などなど、不安になってしまいますね。

リバウンドしにくいNS式
でも、 食習慣は改良して

急速減量はあくまでも短期決戦。でもNS式は単純な低カロリー食ダイエットのように代謝機能を低下させることはなく、むしろ低下してしまった代謝を活性化するようにデザインされていますので、普通の短期減量を決行したときのように太りやすい体はつくられていないはずです。

しかし、じっくり時間をかけて食生活やライフスタイルをかえているわけではありません。ダイエットが終わったからといって"暴飲暴食"したり、以前の悪い食習慣にもどれば、当然また脂肪はついてきます。ヤセた状態を保ち、さらに脂肪を少しずつ減らしていくには、少し賢くならなくては…。

食事の面からいえば、食材の選び方、食べ方、バランス、外食などに気をつかうだけでも目的は達成できます。食生活に関してのベーシック・ルールは、『NS式急速ダイエットハンドブック』の最終ページにリストアップしてありますので、いつも身近において、チェックしましょう。

太りにくい食習慣と日常の小さな心がけ

基本は、加工食品を極力避け、最小限の調理で、酵素豊富な食物をよく噛んでゆっくり食べること。カフェインやアルコール飲料ではなく、生ジュースや水を飲むようにして、ごはん、パスタなどの糖質よりも、タンパク質食品の確保を心がけることです。また、午後十時以降、あるいは寝る寸前には食べないようにすることも大切ですね。

空腹時に食料品の買物はしない(余分なものまで買いすぎてしまう)で、食べものは見えないところにしまうようにするだけでも、無意識に食べ過ぎるのが防げます。

活動的なライフスタイルもナイスボディ維持には必須。

なるべく座らない習慣をつけ、こまめに歩くだけでも1年間で4キロ程度はラクにヤセます。


階段を上がるときの消費エネルギーは、ジョギングに匹敵。エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を使いましょう。

「時間がないから運動できない」なんていうのはいいわけでしかありません。仕事の合間でも通勤途中でも、ちょっと意識さえすれば日常の活動量を増やすことは意外に簡単なのです。

変身したあなたが、健康的なスリムボディを保ち、よりいっそう美しく輝くには、日常的なちょっとした心がけ次第なのです。

Topics Lineup