ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

NEWS!  新情報!!

糖尿病だとビタミンCが

吸収されにくい!

だから、脂溶性ビタミンC

血中にブドウ糖が多い状態は、ビタミンCの利用に不利であることが明らかになってきました。つまり糖尿病あるいはその傾向にある人は、せっかくビタミン C をとっても吸収されにくく、また細胞内で有効に働いてくれない、ということです。

人間はビタミン Cを体内でつくれないため、積極的にビタミン C の多い食物を食べ、体内にとり込まなければなりません。そのため、ビタミン C がきたら捕まえて引っ張り込む役目のタンパク質(運搬たんぱく)が小腸には、配置されています。また、各細胞にはビタミン C の仕入れ口が設けられています。

摂取したビタミン C が思惑通りとり込まれれば一件落着ですが、ビタミン C とブドウ糖は、化学的にみると構造がとてもよく似ています。そのため、ビタミン C の代わりにブドウ糖が体内に引っ張り込まれたり、細胞の取り込み口をくぐってしまうのです。こ れではせっかくビタミン C を摂っても意味がありません。

こうした 悪条件は、脂溶性に変えたビタミン C (ウルトラ C エスター)を利用すれば解消できます

ビタミン C はもともと水溶性物質ですが、これに脂肪酸を結合させると、ブドウ糖とまちがわれることなく取り込まれ、すんなり細胞膜をくぐり抜けます。細胞の中へ入って脂肪酸がはずされて、本来のビタミン C として長時間有効に働いてくれるのです。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告