ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ストレスケアと食事法

 

体に効くサプリメント選択術

 

ストレスニュートリション

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

そうだったの?! 
目からウロコの栄養素

鉄分

 
「先生、健康診断で貧血っていわれちゃった」
 
「からだのいろいろな部分のトラブルを誘発しちゃうから、早く治したほうがいいわよ」
 
「鉄分をとればいいのかな?」
 
「そうね。まずは貧血の原因を医療機関できちんと調べてもらってね。まともに食事をせずにスナック菓子みたいなものばかり食べているようなら、まず食事の改善が必要だけど、鉄欠乏性貧血ということであれば、さらに鉄分も補うことを考えなくちゃね。」

 
鉄分は食品から

「サプリメントをとればいいかな?」
 
「ちょっと待って!鉄欠乏が明らかでない場合は、鉄分の摂取には注意が必要よ 」
 
「どうして?」
 
「鉄分などのミネラルは微量栄養素。それだけを単体のサプリでとると過剰になる場合があるの」
 
「過剰摂取だとどうなるの?」
 
「胃腸障害や皮膚の色素沈着をおこすほか、血管・脳・肝臓・すい臓など色々な臓器がダメージをうけることに…。血管がもろくなったり、肝硬変や糖尿病になるリスクも高まるといわれているのよ」
 
「じゃあ、どうすればいいのかな〜?」
 
「鉄分の豊富な食品を食べるようにすると同時に、吸収率を高めるビタミンCをしっかりとってね」
ミネラル一覧

 
ヘム鉄と非ヘム鉄

「植物性の非ヘム鉄と動物性のヘム鉄って違うの?」
 
「植物性の非ヘム鉄より動物性のヘム鉄の方が吸収率が2〜3倍高いの。だけど、レバーはお勧めできないな」
 
「鉄分といえばレバーって感じなのに?」
 
「レバーといえば肝臓。肝臓といえば解毒器官なの。有害物質が解毒されずに残っている可能性が高いの!」
   

鉄分以外にも…

「鉄分をしっかりとっても、それだけじゃ、残念ながら、貧血の予防や改善にはならないのよ」
 
「えぇ〜っ、そうなの?!」
 
「ビタミンCが不足していれば鉄分は吸収されないし、血中のヘモグロビンの材料は鉄分とタンパク質だから、これらも必要」
 
「それから?」
 
「造血は代謝だから、酵素の原料としてのタンパク質も必要ね。あと、造血に関わるのは葉酸・ビタミンB6・B12・C・E・銅など」
 
「そんなにいろいろ?!」
 
「そうよ。これらはサプリメントを使ってしっかりと補ってほしいな」
 

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告