ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

来週水着?!でも大丈夫!

安心のNS式で
みるみるスリムボディ!

 
夏までに痩せたかったのに〜・・・とお嘆きのあなた。あきらめるのは早すぎます!

NS式なら、たった3日でナイスボディが実現!しかも安心安全リバウンドなし!

来週海に誘われていても、十分に間にあいます。

今月はNS式のメカニズムからキープ法まで伝授しましょう!

自己流ダイエットは肥満に直結?

夏が近づくとムリなダイエットをする人が急増します。早く痩せたいとばかりに、極端な食事制限や中には無謀な絶食をする人も。確かに体重悪循環は減少するでしょうが、減るのは、水分と重要な組織(筋肉や骨)ばかりで、落とすべき脂肪はガッチリしがみついたまま。そればかりか、このようなダイエットは、栄養不足による代謝機能の低下から、ちょっと食べただけでも太ってしまう、ため込み型体質をつくります。また、今の時期の栄養不足は夏バテにも直結して、さらに代謝は低下。まさに、悪循環で、肥満体質まっしぐら。

健康なナイスボディを目指すなら、自己流ダイエットは百害あって一利なしとわきまえるべきでしょう。

安心・速効・リバウンドなし!
NS式なら痩せ体質に!

そうはいっても水着を着るのは来週なんだもの〜! と悲鳴を上げるあなたにこそ実行して欲しいのがNS式。絶食なのに安心・安全なのは、そのメカニズムにあります。

好循環絶食といっても、体脂肪の原料となる糖質を極力カットし、良質タンパク質とビタミン・ミネラルをたっぷり摂ります。普段の食事から摂る以上に体内の働きに必要な栄養素を確保するので、体内酵素がマキシマムに働く状況をつくりだします。そのため、筋肉などの重要な組織は落とさずに、体脂肪から燃焼する理想的なダイエットが実現するのです。ただ食べないダイエットと違い、絶食をしながらも、栄養素をきっちり確保することで、重要な組織を守り、代謝を落とすことなくダイエットがつづけられるから、リバウンドの心配は不要なのです。

NS式の基本スケジュールは1週間。1日目の夕食は軽めにすませ、2〜4日目の3日間が絶食期間となり、サプリメントを食事がわりにして過ごします。5〜7日目はリカバリー期間として、柔らかい果物などから、徐々に普通食に戻していきます。

3日間サプリだけなんてお腹が空きそう!と思われるかも知れませんが、実は栄養素をしっかりとっていると脳が満足して空腹感がないのです。「思ったよりもずっとラク!」という体験者がほとんど。この点もご安心を!

あともう一押ししたい!
そんなときは置き換え法を

NS式を実行して7日目。リカバリーも無事に済むと、多くの人が脅威のサイズダウンに感動の悲鳴!でも、中には「もうちょっとスリムになりたい」という人も。そんな時、またすぐにNS式をはじめたりはしないように。NS式は月に一回が原則です。

さらに痩せたい場合は夕食だけをサプリに置き換えましょう。ウルトラプロテインBFスレンダー、NS式実行中の一食分と同じように摂るだけで脂肪燃焼が効率よくつづきます。夕食は家族と一緒なので置き換えは無理!というなら、昼食の置き換えでもOKです。

せっかくのナイスボディ
この方法でしっかりキープ!

理想のボディを手にいれたら、夏の間はもちろんずっとキープしていきたいもの。それにはやっぱり栄養バランスがキーポイントです。

しっかり頭にいれておいていただきたいのは、タンパク質をちゃんと摂らないとダメ、ということ。タンパク質は筋肉や細胞、髪や肌ばかりか、何千種類ともいわれている体内酵素の原料となっています。それが不足すれば代謝は低下して、またしても太りやすい体質にまっしぐら。特に夕食では十分に摂る必要があります。昼食と夕食時には、肉や魚、たまごなどの動物性タンパク質を中心に、自分の手のひらの大きさと厚み分のタンパク質を食べるように心がけましょう。あわせて、野菜(生食がベスト)や海藻類などでビタミン・ミネラル類をしっかり確保。納豆などの発酵食品もプラスするといいですね。ご飯やパンなどの糖質は、自分の握りこぶし分がベストです。

朝は絞りたてのフルーツジュースか、旬の果物を、昼食と夕食にはタンパク質を中心に食事をすること。この食習慣が身につけば、もはや脂肪蓄積の悪循環とはオサラバ!タンパク質は意識して食べても十分量を確保するのが難しいので、超良質タンパク質が低カロリーでおぎなえるウルトラプロテインを上手に使いましょう。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告