ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

卵パワーでアンチエイジング!!

ダイエットも脚やせも!

えっ〜!1日たまご7個??

先日テレビを見ていたら、女優・森光子さんの健康法を取り上げていました。84歳とはとうてい思えない若々しさを保っている彼女は、主演している舞台「放浪記」では”でんぐり返し“までやってのけます。

筋力を衰えさせないためヒンズースクワットを毎日行っているとのことでしたが、何よりも彼女の食生活は、まさにアンチエイジング。肉や魚をよく食べ、卵は1日かならず3〜4個、多いときには7個も食べることもあるというのです!

インタビューアーは目を丸くして驚いていましたが、私は、「やっぱりな〜」と、一人納得しながら、テレビに向かって頷いていました。

卵は100点満点のタンパク質

ダイエット志向やヘルスコンシャスな人たちにとって、「動物性食品は控えるべき」というのが常識。スリムボディや長寿の秘訣は「植物性食品中心で粗食がベスト」と思いこんでいる人も多いでしょう。

でも、実際には肉や魚、乳製品や卵などの動物性食品をしっかり食べている人の方が元気で長生きということは、裏づけられています。卵・肉類を十分食べても、太ったり、生活習慣病でイエローカード!なんていうことはありません。それどころか、賢く摂取すれば、スリムなナイスボディが手に入るんです!

動物性食品、とりわけ、卵は理想的なアンチエイジング食品。卵には生命体をつくり出すための貴重な栄養素がギュッと凝縮されています。なによりも、アミノ酸バランスが完璧、100点満点の良質タンパク質であることが、若返りファクターを決定的なものにしています。

日々食事から摂取するタンパク質は、量はもとより、そのアミノ酸バランスがとても重要。完璧なアミノ酸バランスを持つ卵は、美容・健康のために最優先すべきミラクル・フードです。

タンパク質はアミノ酸の鎖

からだはタンパク質の塊です。筋肉、皮膚、神経、髪の毛、爪、血液、骨、内臓器官も主たる成分はタンパク質。代謝に必要な酵素もすべてタンパク質ですし、ホルモンもその多くがタンパク質です。

体をつくったり、体内で働くタンパク質はなんと、5万種類以上!すべて細胞のなかで目的にあうようにつくられたり、壊されたりしながら、生命が維持されています。

多種多様のタンパク質も、もとをただせば、わずか20数種類のアミノ酸という玉が、様々な組み合わせで、数百個から数千個、ネックレスのように連なったもの。

タンパク質の含まれる食品を食べると、消化の過程でくさりがちょん切られ、バラバラのアミノ酸になり、吸収されて血中にはいり、各細胞に運ばれます。そこで必要に応じて次々につなぎあわされ、体をつくるタンパク質に再構成されるわけです。

「豚肉を食べたら、お腹まわりが豚肉になっちゃった〜!」なんてことないのは、このためですね。

一つのアミノ酸不足で重大事態発生!

私たちの60兆という細胞のすべてが、毎分、数千におよぶ新しいタンパク質をつくり続けています。体内ではタンパク質の建設と破壊が46時中くり返され、体の約30分の1が日々入れ替わっているのです。特定のタンパク質をつくるため、どのアミノ酸がどれだけ必要かは決まっていて、しかも代用がきかないので、なにか1種類のアミノ酸でも在庫がなければ、目的のタンパク質は完成しません。

必要なすべてのアミノ酸がすぐに使えるように用意されていなければ、作業は進まず、体内の代謝はスローダウン。様々なトラブルが発生します。

神経伝達物質がつくれなくなる。エネルギー変換されない。脂肪分解に支障がでる。皮膚のターンオーバーが遅れる。ストレス対応がうまくいかない。組織液が貯まる、etc., etc. こうしたことがあなたの体にどのような影響があるか考えてみてください。

肉体と精神の健康状態を保ち、いつまでも若々しく、美しい肌、スリムボディを保てるかは、体内のアミノ酸バランスにかかっているのです。

アミノ酸バランスが大切

体のどこかでタンパク質が必要になったとき、必要量を瞬時につくりだすためには、原材料となるアミノ酸が全種類かつ十分に、体内で使われる比率に応じてバランスよく体内に存在していなければなりません。その条件を満たすには、良質タンパク質を日々食べ続けるしかありません。

“良質”というのは、体が要求する20種類(通常8〜9種類の必須)のアミノ酸量の比と同じ比率になったアミノ酸を含むタンパク質のこと。正確にはプロテインスコア100といい、理想のアミノ酸バランスであることを示しています。

プロテインスコア100の食品といえば、実は「卵」と「しじみ」くらいしかありません。全般的に動物性食品のプロテインスコアは高く、植物性食品は低いのです。

卵+スコアの高い動物性タンパク質をしっかりとって、アミノ酸の過不足が起こらない食生活を心がけている森光子さんが、いつまでも若さ、美しさ、健康を維持できるのは、当たり前のことなんですね。

ちなみに、プロテインスコア100でないタンパク質をとると、アミノ酸の過不足がおこります。過剰なアミノ酸は原則として腎臓で尿素にかえられ、トイレいき。この物質には毒性があります。過剰なアミノ酸があるということは、他のアミノ酸が不足ということ。ある一つのアミノ酸が不足なら、あとの19種は過剰。これが処理対象となり、腎臓には大きな負担がかかります。

アミノ酸サプリメントは??

正しい比率で20種類すべてのアミノ酸をとることが必須となると、最近のアミノ酸ブームって???と思いませんか?

アミノ酸が大切なのは紛れもない事実。単独のアミノ酸やアミノ酸を数種類組みあわせたサプリメントが有効な場合があるのも確か。

でも、〇〇というアミノ酸は肌にいい、△△は脂肪燃焼にいい、□□は血栓予防にいい、とばかりに特定のアミノ酸だけをとっても、体全体のアミノ酸バランスが満たされていなかったら、期待する効果はでません。それどころか、アミノ酸のバランスを自ら崩すことにもなってしまいます。

ここだけの秘密ですが、アミノ酸同士の比率について正確な知識をもってサプリをつくっている健食メーカーなんて皆無。話題の数種類のアミノ酸を適当に配合しているだけ…。

いいアミノ酸サプリメントの摂取は否定しませんが、まずは、良質タンパク質の確保を優先し、その上でどうしても必要があれば、単体のアミノ酸や目的別アミノ酸ブレンドをプラスするのがベストです。

なにはともあれ、プロテイン

体を最高の状態に維持しつづけるには、(成人の場合)毎日体重の1000分の1の良質タンパク質の確保が鉄則といわれます(50kgの人なら50gで、卵だと7個分)。しかし、食事でだけでこれを確保するのは、なかなか難しい…。

アミノ酸バランスを考えてタンパク質量を確保しようとすると、どうしても抱き合わせで、カロリーや余分な脂肪をとりすぎてしまいます。これでは太るし、生活習慣病のリスクも高まります。

こうしたことから、自分のタンパク質必要量の3分の1を、すべてのアミノ酸がバランスよくとれ、吸収が良く、余分な脂肪が含まれない良質プロテイン製品から確保することがすすめられてます。これなら、食事に神経質になる必要もなく、効率的に全アミノ酸を確実にとり込めます。

100%卵を原料として製品をつくろうとすると、あまりにも原価高になるため、普通のメーカーはつくりません。そこで、私が全面監修してつくりあげた卵ベースのプロテインドリンクが、アミノリアル。溶けやすく、適度な甘みのココア味は、誰にでも飲みやすいといえます。

卵にアレルギーがある人やタンパク質を消化しにくい人のためには、ホエイ(乳清)をベースにした、ウルトラプロテインを用意。こちらも、完璧なアミノ酸バランスを達成していますから、タンパク質の確保には最適。さらに、消化吸収力アップのための酵素もしっかり配合していますし、さっぱりしたレモンティ味は、「おいしい」と大評判。いずれも、ダイエット・脚やせ・アンチエイジングのベース食品として、ぜひ、ご愛用ください。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告