ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

脚やせは夢ではない!

スッキリ下半身にさあチャレンジ!

アンバランスなプロポーション、つまり上半身に比べ、太モモが太い、脚全体が太いなど、いわゆる下半身デブで悩んでいる女性は想像以上に多いもの。減量を目的とする食事療法を実行すれば、1ミリだって減らしたくない胸のお肉ばかり落ちて、肝心の太モモとか、ふくらはぎはそのまま。むしろ上半身の脂肪が落ちた分、下半身がよけい目立つようになってしまった…なんていうことになりかねません。効果的に下半身を細くしていく方法なんてあるのでしょうか?今回は多くの女性の切実な悩みにお応えしたいと思います。

セルライト解消の特効
サプリメントが欧米でバカ売れ!!

「セルライト」という言葉、皆さんは聞いたことあるでしょうか?これは、太モモやヒップの周りの皮下組織に脂肪、水分・老廃物・毒素などが溜め込まれ、それらの部分の細胞が、水や油や汚物をたっぷり含んだスポンジのように肥大してしまった状態をさします。皮膚の表面はボコボコになり、艶や張りがなく、柑橘類の皮を思い起こさせるため、「オレンジピールスキン」と呼ばれることもあります。

欧米女性に最も多いタイプの下半身デブの一種といえますが、食生活の欧米化に伴い、程度の差こそあれ、日本人女性もこのタイプの下半身太りが多くなっているのが現状。単に脂肪が下半身に蓄積していたり、ムクミの問題で下半身が異常に太くなってしまっている場合に比べ、あらゆる要素が絡み合ったセルライトの解消は非常に難しいとされています。

効果的な解消法はないと絶望視されてきたセルライトに直接働きかけ、たった2〜3ヶ月で効果が明らになるというサプリメントが一昨年発売になり、欧米の女性達は熱狂。高価格であるにもかかわらず、ヘルスフードストアーには長蛇の列。売切れ店続発。入荷する端から完売。女性達のフィーバーぶりは、それこそ、社会現象にまで発展。「毛細血管の血流を活発にし、コラーゲンの破壊を阻止し、健康な皮下組織を助け、皮下脂肪の塊を取り除く働きを助ける」という触れ込みで、パヴァア大学での臨床試験で皮下脂肪層の減少が見られたことが、直接の火付け役になりました。

頑固なセルライトにさえ強烈に作用するとすれば、日本人に多い下半身デブにも絶対に効果あるはず。そこで、このサプリメントの内容成分を調べてみたところ、主原料はブラダーラックとイブニング・プリムローズ・オイル。その他にレシチンや血液浄化のためのハーブ類が数種類使われていましたが、それぞれの含有量が微量でプラスの影響力を期待できるほどではありません。ということは、レッグスリムプリムローズの相乗作用が奇跡をもたらしたということになります。これらは実際、日本人の下半身太り解消、脚やせのための救世主になるのでしょうか?

何で下半身ばかり太くなるの

まず、なぜ下半身が太くなりやすいのか、脚がなかなか細くなりにくいのか、考えてみることにしましょう。下半身太りというのは、俗に言う「洋ナシ型」の脂肪の付き方。一般的に洋ナシ型の場合、乳幼児または思春期に脂肪細胞数が増えてしまい、それがさらに肥大しているため、サイズダウンが極めて難しいといわれます。とはいえ、最近の女性の下半身太り傾向は、このようなこととは全く関係ない場合が多いのです。適切な方法さえ実行すれば、確実に脚やせは可能ですし、いつまでも下半身太りで悩んでいる必要はないのです。

下半身が太くなるのは、女性ホルモンの影響の他、血液やリンパ液の流れがスムーズではないことが大きな要因。何らかの原因でこれらの流れが滞ると、組織液が溜まってムクミ状態を作って脚を太くしたり、脂肪の運び出しがうまくいかず、下半身への脂肪の定着を招いてしまうのです。

確実に下半身をホッソリさせていくためには、まず、過剰水分をすみやかに排泄させると同時に、血液の循環を良くする必要があります。血液がスムーズに流れてくれれば、体のすべての細胞に必要な酸素や栄養素がきちんと運ばれ代謝はアップ。脂肪はどんどん燃焼され、その結果発生する老廃物なども難なく運び去られます。

このような改善を行っていくには、必要な栄養素(特にミネラルと脂肪酸)をしっかり摂取すると同時に、血行を良くしたりは排泄を促すためのマッサージや入浴、エクササイズ、そして呼吸法などを併用していくのがベストです。

脚やせにも消化酵素は不可欠

脚を効果的に細くしていくには、良質なたんぱく質が必要。たんぱく質不足は体内に水分を溜め込みます。また、たんぱく質をきちんと摂っても、消化分解が不十分だと、血液を汚し、血流を阻害。各細胞は栄養素や酸素を受け取れなくなり、老廃物も運び去られず、スムーズな代謝ができなくなります。これでは下半身痩せは全く無理。日頃から酵素の多い食品を努めて食べるようにすると同時に、消化酵素(ウルトラ酵素)をお忘れなく。

代謝アップで脂肪を撃退、
老廃物・水分の排泄で浮腫を解消!
血液サラサラ作用が確実に下半身に働く、
レッグスリム

ブラーダーラックの日本名はヒバマタ。海藻類は世界中に何千種類も生息しており、その多くが陸上の食品とは比較にならないほど豊富なビタミン、ミネラルを含んでいます。そんな中でも、薬効のあるハーブ(薬草)として欧米で認められ、甲状腺腫や甲状腺機能不全による肥満に昔から使用されてきたのが、このレッグスリムです。

レッグスリムには豊富にヨウ素が含まれており、甲状腺機能低下の改善を図ることで基礎代謝率をアップ。食事から得たエネルギーは日常の活動や運動で消費される以上に、体内の代謝活動で最も多く消費されます。レッグスリムの十分な摂取で代謝が活発になると、消費カロリーは増え、脂肪が蓄積されなくなるばかりか、すでに皮下に脂肪組織が過剰に蓄積している場合、体の他の部分に何らマイナスの影響を与えることなく、脂肪が効率よく減少します。

また、下半身太りで悩んでいる方の多くは、ほとんどの場合ムクミを伴っているといえますが、余分な水分が体内に溜め込まれれば、重力の関係で下半身を太く醜くしてしまうのは当たり前。血行は悪くなるし、脂肪の運び出しなどもうまくいかなくなってしまいます。

組織内に水分が多く溜まりすぎる理由の一つは体内にナトリウムが過剰になっているため。レッグスリムに豊富に含まれるカリウムはこのナトリウムを排泄させる作用があります。体内に余分なナトリウムがなくなると、組織内に余分な水分を保持している必要がなくなるため、水分は無理なく体外に出て行ってくれるのです。

さらに、レッグスリムには血液の浄化作用もあります。組織内にたまった老廃物や毒素が血液を通じてスムーズに肝臓や腎臓、肺、皮膚などの排泄器官に届けられるようにしてくれます。しかも、血液が固まりやすくなるのを防ぐ作用、血管を柔軟性のある、しっかりしたものにしてくれる作用なども持っていますので、キレイに浄化されたサラサラの血液が全身を駆けめぐることになり、ムクミは解消、脂肪は減少、下半身全体がスッキリしてきます。

GLAから作られるホルモンの調整作用で
下半身はスッキリ、 ホッソリ。
プリムローズの秘密、 ここにあり。

体にとって不可欠脂肪酸であるガンマーリノレン酸(GLA)を豊富に含むイブニング・プリムローズ・オイル(月見草油)は、この重要な脂肪酸の唯一の供給源ともいえるものです。

スリムボディを望む人にとって、「脂肪」は排除の対象であって、それを積極的に摂ろうなんて思いも寄らないでしょう。ところが、体内の基礎代謝率を上げ、より多くの脂肪を燃やし、二酸化炭素、水、そしてエネルギーに変え、蓄積された脂肪の燃焼を促進してスリムボディを実現させるには、皮肉にも「脂肪」の助けが不可欠なのです。

D・ホロビン博士はGLAが減量に驚異的効果を発揮すると発表しています。同博士の研究によると、GLAを最も多く含むプリムローズを与えた肥満度10%以上の被験者の半数が食事療法なしで減量に成功。6〜8週間の摂取で、1日4カプセルを摂ったグループでは最高7.5 キロ減、8カプセルを摂ったグループでは8Kg〜13Kg減を達成しているのです。

プリムローズに含まれるGLAは、体内で多くの重要な作用を持つプロスタグランディンというホルモンに変換されます。このホルモンの仲間は50種類くらいあるのですが、体の中のいろいろな機能の微妙な調整をする役割を担っています。血液のサラサラ度のコントロールを始め、血圧や、体温、血糖値、赤血球数、白血球数など、生体内で適切な範囲でコントロールされていなければならない要素は無限にあります。それらを一番好ましいラインにぴたりと調整するために不可欠なのです。

プリムローズのGLAから作られるプロスタグランディンは、下半身を細くするために必要な調整をすべて行っているといっても過言ではありません。つまり、脂肪蓄積を下半身に誘導する女性ホルモンを調整:血液をサラサラに調整することで老廃物や脂肪の運び出しがスムーズにいくように助け、また酸素や栄養素が細胞にしっかり届くようにすることで基礎代謝率をアップさせて脂肪の燃焼を促進:肝機能を調整して体内に溜まった老廃物のクリーニングをすすめ:心筋を強めることで血液の流れを強化:ナトリウムを追い出し、余分な水分の排泄を促進して浮腫を解消:皮膚の再生を促進させ、「オレンジピール」の外見を改善…これらが総合的に働き、理想的なプロポーション作りを応援してくれるのです。

ちなみに、プリムローズに、食事療法なしの減量、PMS(生理前症候群)、アトピー性皮膚炎、リューマチ性関節炎、乳房痛、多発性硬化症、糖尿病関連疾患、心臓病、子宮内膜症などの治療効果があることが、臨床的に証明されています。これらの研究は詳しく検証されていて、英国では医学的な評価を得ているのです。

脚やせに効く組み合わせは、これっきゃない!!

こうみてくると、レッグスリムだけ、あるいはプリムローズだけの摂取でも、私たちの健康維持およびプロポーション作りに大きく貢献してくれることがわかるでしょう。でも、この2つを一緒に摂れば、それぞれの作用が増強されるばかりか、互いの弱点を完全にカバーしあいますので、パワーは全開!それぞれを別々に摂取した場合に比べ、下半身太り解消効果はそれこそ何倍にも膨れ上がります。

実際NSSで、これらの製品を組み合わせて摂るように指導し始めて日が浅いにも関わらず、「これまでに経験したことのない絶大な効果が出た」とのうれしい報告が続々寄せられているのです。


レッグスリムプリムローズを取り始めて2週間目。早くもお尻のたるみがとれ始め、ももの間に隙間がでてきている。このペースだと8週間程度でかなりスッキリ下半身に。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告