ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

DETOX

腸内ヘドロを一掃して ヘルシーで

ヤセやすい体をつくる

ゴールデンウィークといえば、とび石連休がふつうだったのに、今年はど〜んと大型連休。あなたは、どんな楽しいことをプランニングしていますか?わたしは…なにを隠そう、年1回の10日間絶食を実行する予定で〜す!今から楽しみ。あの爽快感、はやく味わいた〜ぃ!!

昨年はケガばかりで体内クリーニングまでできなかった。だから今年は徹底的にやるつもり。体内のゴミも、たまってる仕事も、この機会にさっぱり片づけて、連休明けは、身も心もすがすがしくスタートしたいなぁ〜!

口に入っても、まだ体のそと

体にいいというものを食べても、体調に変化がない。ちゃんと食事法を守っているのに痩せられない。サプリメントをとっても効果を感じられない・・・

そんなアナタは、せっかくの栄養素が吸収されていないのかもしれませんよ!

なにかを食べたり、サプリなどをのめば、それは「体に入った」と思い込んでいる人がほとんど。しかし、口から肛門までは、まだ体のそと。口の中で噛むことからはじまって、さまざまな消化酵素によって順次こまかく分解され、吸収可能な物質に転換されてはじめて、小腸から栄養素として吸収され、血液を通じて体のなかにはこび込まれます。

完全に消化された食べものは、スムーズに吸収され、体内で有効利用されていきます。しかし、食物酵素の不足をはじめ、なんらかの理由で消化が不十分だと、いくら貴重な栄養素でも体内には吸収されず、からだはそれを利用することもできません。せっかくのサプリメントも同様です。

未消化・未吸収は悪玉菌のエサに

キチンと吸収されなかったサプリはそのままトイレ行き。まあ、これはムダになるだけなので、体にとってはど〜ってことありませんが、未消化のまま吸収されないタンパク質や糖は、腸内での腐敗と醗酵という最悪の事態を引きおこします。便やオナラが臭いというアナタの体内では、まさにこの状態が腸内でおこっているということですよ!

未消化物は腸内に住む悪玉菌のかっこうのエサとなり、つくりだされる毒素で腸管はドロドロ。さらに毒素は血液中に吸収され、血液も汚され、その浄化のために肝臓や腎臓に大きな負担がかかってきます。皮膚のかゆみ、頭痛、疲労感、倦怠感、思考力の低下から、全身的なトラブルの発生にもつながるのです。

悪玉菌による腸内環境の悪化は吸収不良もまねきます。栄養素は十分に消化されていなければ(体が有効利用するかたちで)体内に吸収されませんが、腸内環境の悪化による吸収不良をふせぐためにも、食べものの完全消化は最重要課題です。(だから酵素サプリが必要なんですね)。

どのような場合でも、なにを食べるかではなく、体がなにを吸収しているかが大切です。

体の入り口は小腸の絨毛

さて、栄養素の吸収は、全長約7メートルといわれる小腸の壁の内側の「絨毛」という、突起がじゅうたんのように密生しているところでおこなわれます。絨毛は小腸内に500万あまりもあり、その表面積は人体の表面の5倍にも達します!

絨毛から栄養素は吸収されるということは、食べものの消化分解度はもとより、絨毛の状態がわたしたちの健康を大きく左右するといっても過言ではないということ。

タンパク質や糖質、脂質、ビタミン&ミネラルなど体をつくったり、働かせたり、有害物質の排泄などにあたる貴重な栄養素が体内に、体内で利用できる形ではいってこなければ、体の全細胞の働きはにぶります。痩せられないどころか、肌あれ、免疫力低下ほか、健康レベルの低下はまぬがれません。

腸内ヘドロの温床に

絨毛部分を顕微鏡でみると、まさに、シャギーじゅうたんのよう。シャギーのじゅうたんを使ったことのある人にはわかると思いますが、いくら掃除機をかけても、根っこの部分の細かいゴミはとれずに、からまるようにたまっていきます。

小腸の絨毛部分でもまさに同じようなことがおこります。実際に調べてみるとダイオキシンほか、体にとっての有害物質がたまっているとか!!

細かいデコボコの谷間は、なんと、腸ヘドロの温床に!

ドアから入ろうとしても、入り口に大きな荷物が所狭しとして積みあげられていて入れない・・。体内に入ろうとしている栄養素にとっては、そんなところでしょうか。

これではどんないい栄養素をとっても吸収できず、体内で効果を発揮できません。入れなければ、そのまま出ていくしかありません。
 最近やせにくくなった、疲れがとれなくなった、ちょっと老けこんできたなどと思っているアナタ!アナタの小腸もヘドロで、ドロドロかもしれませんよ!

小腸のヘドロ一掃にほうれんそうジュース

たまたま、あるテレビ番組をみていたら、小腸の絨毛のあいだにたまったヘドロをとりのぞき、痩せやすい体になるには、「ほうれんそうが効果的」ということをやっていました。

ほうれんそうは、胃、十二指腸、小腸から大腸まで、消化器官全体に活力をあたえてくれる食材で、昔からその効用はよく知られていました。生のほうれんそうには、消化器官内の浄化、再生、若返りに必要な最高の有機成分がたっぷり含まれているのです。

適切につくられた生ほうれんそうジュースを毎日一杯飲むだけで、ひどい便秘も改善されます。便秘薬は大腸にたまったゴミを強制的に排泄させるだけですが、ほうれんそうは効果的にクリーニングすると同時に、大腸ばかりか、腸管全体のヒーリングをすすめてくれるのです。

番組では、「ジュース」にするか「熱を加える」といっていましたが、わたしとしては、生ジュースは◎だけど、「熱をくわえる」のは絶対×。熱をくわえることにより貴重な酵素がこわれてしまうのはもちろんですが、栄養学の権威ノーマン・ウォーカー博士は、「生のほうれんそうに含まれる有機蓚酸は体に有益だが、熱を加えることで無機蓚酸にかわり有害になる」といっています。

ほうれんそうは、極力、生でジュースにして飲むのがベスト。ほうれんそうだけのグリーンジュースは強すぎますので、かならずにんじんなどと一緒にジューシングするようにしてください。リンゴを加えれば、さらに飲みやすくなります。

デトックス習慣でいつもヘルシー&ナイスボディ

体内の酵素が常にフルパワーではたらき、脂肪をため込まない、ヘルシーなボディを維持するためには、食事ごとに栄養素をしっかり確保するとともに完全消化をめざし、極力、未消化物質の発生を防ぐことがなによりも大切ですが、毎日のデトックス習慣として:

・朝起きてすぐグラス1杯の水をゆっくり飲む
・朝食は果物、あるいは生ジュースにする
・生野菜ジュースを1日1杯は飲む(ほうれんそうジュースも!)
・1日2リットルは水をのむ
・ドライブラッシングをこころがける

などが大切です。

さらに、否応なしに体内に侵入してくる有害物質は、定期的な絶食で根こそぎ追いだすようにすれば、完〜〜ぺきですね。ちなみに、NS式で使うBFスレンダー、さらにアミノリアルにブレンドしてある単体アミノ酸は小腸のお掃除にも有効に働いてくれますよ。

なお、どうしても、生のほうれんそうジュースをつくって飲めないアナタは、ウルトラジュースグリーンやデル〜チャで腸のデトックス&腸環境整備をこころがけてね。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告