ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告
 

アメリカで見つけた

「トレックスリム」

今度こそ、やせられる!

TREKSLIM

Advantra Z Blend,Enzyme Blend,Microbiotic Complex

驚異のハーブ・ブレンド、糖や脂肪分解酵素ブレンド、腸内細菌環境を整え各成分吸収力アップをはかるマイクロバイオティック…強烈な個性を発揮する3種類のブレンドの信じられない相乗効果で、どんなダイエット食品でも達し得なかった確実なスリミング…。今年の夏は、最小限の努力で、誰にも負けないナイス・ボディを!!

作用は強烈、副作用はなしのアドバントラZ

基礎代謝率アップ、熱産生促進作用、脂肪を分解してエネルギーとして速やかに燃焼させる効果など、奇跡のダイエット成分としてアメリカでもっとも脚光を浴びてきたエフェドラ。FDA(米国の厚生省みたいな機関)は今年4月をもって、ダイエッターにとって夢のような効果がある、エフェドラ入りサプリメントを全面禁止にしました。

エフェドラには強烈なダイエット効果があったため、これが入っていないダイエットサプリは売れないというほど、その人気は一世を風靡しました。ところが、あまりにも作用が強過ぎ、脳神経や心臓に対する副作用があるとして、FDAはその禁止に踏み切ったのです。ほとんどの人気ダイエットサプリにこの成分が含まれていただけに、この禁止令は業界に大きな波紋を呼びました。

しかしその一方、エフェドラ同様の効果がありながら、副作用は一切なしという、アドバントラZ(AdvantraZ)が脚光を浴びはじめました。そのアドバントラZをバッチリ配合したトレックスリム。一体アドバントラZブレンドの正体は?

無駄な脂肪をどんどんエネルギー化
ビターオレンジ7.5倍の有効成分!!

アドバントラZの主成分はビターオレンジ。活性成分であるサーモ・アミンが交感神経系のβ3アドレナリン受容体に働きかけて体脂肪を燃焼することが証明されています。ビターオレンジ摂取で、体はより多くの熱を発生させようと多くのカロリーを使い、結果的に体脂肪が落ちます。こうした体脂肪燃焼促進効果に加え、筋肉組織の強化、運動機能の向上、食欲の抑制効果などが知られます。

脂肪燃焼効果が高いされる通常のビターオレンジ製品でも、実は、活性成分は0.8%程度しか含まれていません。ところがアドバントラZは、なんとその7.5倍もの活性成分を含むように標準化、世界で唯一特許を取得したのです。

さらに、トレックスリムのブレンドには、ガラナ、ガルシニア、ケイン、グリーンティーエキスなど基礎代謝アップ、脂肪燃焼効果が高いとされるハーブ類が配合されており、脂肪を分解して運びだし、エネルギーとして即刻消費という、体脂肪を確実に減らすための一連の作業が最も早く、効率よく行われるように考えられているのです

糖と脂肪の分解を促進する、酵素ブレンド

トレックスリムのユニークさは、こうした最強のハーブブレンドに加え、分解酵素ブレンド、さらに、マイクロバイオティック・コンプレックスが三者一体になっていること。

体が消化酵素をうまく作れない体質だったり、体の消化酵素づくりが食べ方に追いつかないような状況があると、糖質や脂肪がうまく分解できず、脂肪の蓄積が優性になります。またたんぱく質分解が不十分だとアミノ酸不足から基礎代謝率を落とすことにつながります。これではせっかく効果抜群といわれるダイエット成分を摂っても、ヤセられません。そこで、トレックスリムは主要な分解酵素をブレンドすることで、こうしたマイナス要因の抑えこみに成功したのです。

さらに腸内細菌の調整に目を向け、有効成分が確実に吸収されるように気を配っています。悪玉菌が優勢だと、消化吸収力は衰え、健康上好ましくないトラブルがいろいろ出てくるからです。

精神的飢餓感なし!

ダイエットにどうしてもマイナス作用するのが、「食べたい」という欲求、飢餓感、精神的な落ち込み、イライラ感。どれも脳内の化学物質が不足することでおこってきますが、トリプルブレンドのおかげて食欲は自然に抑制され、憂うつな気分は解消。しかもエネルギーレベルは向上しますので、普通のダイエットのように体力が落ちることもなく、精神的・肉体的、絶好調のまま減量が可能です。

トレックスリムは、痩せることを阻むすべての要素を抑えこんだ上で、脂肪燃焼効果のある成分を確実に体内に吸収させるところまで、システマティックに実現できるように徹底的に考えられているのです。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告