ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ストレスニュートリション

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

Q.

1日卵2個のほかに、毎食

手の平サイズの動物性たんぱく質

を摂らなければいけませんか?

   


動物性だけというのではなく、動物性のみ、又は、植物性と動物性をあわせて手の平サイズです。植物性だけではアミノ酸バランスが悪く、動物性とあわせることで効率よいアミノ酸摂取が可能になります。また、肉ばかり続けで食べず、魚2回に対し肉1回くらいの割合を心がけましょう。

食の細い方の場合、一日に2〜3食で必要なたんぱく質量を確保しようとせず、5回位に分けて食べるといいでしょう。例えば、昼、夜は手の平大のたんぱく質を確保し、食間にゆで卵を食べる、という具合です。

ちなみに「手の平サイズのたんぱく質」というのは、自分体にとって一回の食事で必要なたんぱく質の目安量です。本来は自分の体重の1000分の1のたんぱく質確保が必須です。60kgなら、60g(食物の総量ではなく食物に含まれるたんぱく質量)必要ですが、60kg程度の人の手のひらサイズの良質たんぱく源であれば20gのたんぱく質量と推測できます。つまり、手のひら程度を3回食べれば、一日の必要量が確保できるわけです(卵2個=手の平程度となり、一食分のたんぱく質量と考えます)。

体に必要なたんぱく質を通常の食品からとろうとすると、結果的に好ましくない脂肪も摂りすぎてしまいます。だからこそ、超良質たんぱく質が確保できるアミノリアルがおすすめなのです。体重50kg 前後であれば、一日2袋で一日必要量の3分の1のたんぱく質確保ができます。これだけ全アミノ酸の確保をすれば、あとのたんぱく源について神経質になる必要がないのでラクです。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告