ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

春は、デトックスで
カラダの内側からおしゃれを♪


春本番をむかえ、今年は何を着ようかしらとファッション戦略をねっているアナタ、その前にちょっと待った! カラダの点検は、もうおすみですか? 血色がよくて肌荒れもなく、シャキッと元気じゃなきゃ、せっかくの春服も台なし。今月は、春のボディチェック重点項目についてお伝えします。

デトックスの
もうひとつの意味

デトックスという言葉が日本で広まりはじめたのは10年ほど前から。一般には「腸のお掃除」「体内に蓄積されている毒素成分の解毒」などを指す言葉として認識されています。

でも、デトックスにはもう1つ、忘れてならないキーワードがあります。それは、皆さんもよく耳にしている「サラサラ血液」「ドロドロ血液」という言葉です。

前者は血液中に含まれている赤血球や白血球などの細胞、栄養成分、酵素、ホルモン、老廃物、二酸化炭素などがスムーズに流れている状態をいい、後者はその逆で流れが悪くなっている状態をいいます。

毛細血管を含めると、体内に張りめぐらされた血管の総延長は約9万キロメートル。心臓から送り出される血液は、地球2週分以上の長距離を、わずか1分程度で一巡するといいます。一方、血液の量は、体重の約8%。体重50キログラムなら約4リットルの血液が巡っていることになり、サラサラと流れやすい状態でなければ、困ったことになるゾ、というのは容易に想像がつきます。

ところが、現在、多くの人たちが流動性の低い「ドロドロ血液」問題を抱えているといわれているのです。

ドロドロ血液の原因

肥満・肩こり・便秘・アレルギーなどに悩んでいる人の血液を顕微鏡で観察すると、ビックリするほど血液がドロドロに汚れています。

たとえば、便秘や下痢をくり返すなど、おなかの不調を訴えている人の血液には、消化しきれていない糖質、タンパク質、脂質が確認できます。

これらの栄養成分は、胃や膵臓から分泌される消化酵素によって、単糖やアミノ酸など最小サイズにまで完全に消化されてから体内にとりこまれるのが正常な状態です。ところが、胃液や膵液など消化酵素の分泌量が少なくて、食べたものがきちんと消化されなかったり、腸管粘膜にトラブルを抱えていたりすると、本来なら吸収されないはずの未消化栄養素がかんたんに吸収されてしまいます。

腸管には、カラダの外から入ってきた様々な物質をチェックして、良いものは体内にとり入れ、悪いものは体外に追い出す門番の役割があります。

このとき活躍しているのが、乳酸菌やビフィズス菌などのいわゆる善玉の腸内細菌です。しかし、腸内細菌は抗生剤を飲むと、善玉菌も悪玉菌も全滅し、回復までに数週間かかるといわれています。

腸管粘膜を傷つける原因は抗生剤だけではありません。鎮痛剤・食品添加物・農薬・タバコなどの化学物質、精製された砂糖や小麦も、悪玉のカンジダ菌やイースト菌のエサになり、腸内細菌のバランスを崩し、腸内環境悪化を招く原因とされています。

スイーツ好きの人の血液は、未消化のタンパク質や脂肪の影響で、赤血球は潰れた串団子のように形が崩れ、その周囲を未消化の糖質や、その糖質をエサにするカンジダ菌やイースト菌などがモヤモヤと取りまいている様子が観察できます。

こうした“汚れ”は血液をドロドロにするだけでなく、血管壁にへばりついて流れを悪くし、代謝機能の低下を招きます。そして偏頭痛、肩こり、関節痛、冷え症、むくみなど、あちこちがガタガタに。血行が悪いので顔色もすぐれず、下半身のむくみで美脚とも無縁。皮膚の細胞に老廃物が滞りやすくなり、肌荒れの原因にもなってしまいます。もうこうなると、春のファッションを楽しむどころではありません。

食生活でドロドロ改善

こうしてドロドロ血液に魚・海藻・納豆・キノコ・野菜を多く食べている人は、「サラサラ血液」の人が多いといわれています。

魚に含まれるDHAやEPAが、動脈硬化の予防に役立つのは以前から知られているとおり。海藻のヌルヌル成分(アルギン酸)には、コレステロール値を下げ、血糖値の上昇を抑える働きがあります。納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素には、血栓を溶かす作用があり、キノコに含まれるβ-グルカンには血糖値やコレステロール値を下げる働きが。野菜はビタミンCやビタミンEの抗酸化作用が血管の老化防止に役立ちます。

こうしてみると、やっぱりカラダには日本食がいいと思う人もいるでしょう。でも、それは早合点。先ほども説明したとおり、体内に吸収される栄養素は、糖質もタンパク質も脂質も、消化酵素で最小サイズにまで消化されて体内に吸収されるのが正常な状態です。良質なタンパク質を多く含む肉や卵なども、アミノ酸まで分解されていれば、体内にとりこまれるときは、豆腐や納豆由来のアミノ酸と何ら変わりません。

大事なのは消化がしっかりできているかどうか。ドロドロ血液の一因は、未消化の栄養素なので、よく噛んで食べるなど、食べ方の改善とともに、酵素サプリをうまく利用して完全消化を目ざすほうが、栄養素の確保という面からも賢明でしょう。なお、空腹時、腸内に分解するものがないときに消化酵素系サプリを摂取すると、その40%程度が吸収され、血中の未消化物質などの分解に働くということがいわれます。

体も内側からリニューアルして、この春は、ぜひ、健康美でエンジョイしてください。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告