ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

食品の裏側を暴く!

甘いものにはご用心!


ダイエットと生活習慣病の大敵、砂糖。でも、女性は甘いものが好きな人が多いですよね? 無理に我慢しても、反動でドカ食いに走ることも。糖分とるなら、砂糖の含まれる食品は避け、果物を。それにはこんなわけが…。

白砂糖は命を奪う!

通常、家庭で「砂糖」と呼ぶのは、精製された白砂糖(上白糖)のことですね。砂糖は天然の甘味料だと思っていませんか? 原料はもちろんサトウキビですが、とりだした糖蜜から不純物をとり除くために石灰法、炭酸法、亜硫酸法、亜硫酸ガス法をおこないます。透明な液をつくるのに、ほう酸鉛や塩素などの化学薬品も使いますし、サラサラにするためにビタミンやミネラルもとり除きます。そのうえで塩酸などの無機酸で漂白するのですから、純粋な意味での天然の甘味料とはいいがたいでしょう。

このような白砂糖を、生まれてから一度も摂ったことのない奥地の原住民に食べさせると、ショック死を起こすこともあるとか…。これは、あまりにも極端な話ですが、実際に、砂糖の多量摂取は血糖値を急激に上げる他、消化吸収の問題がらみでも、体にトラブルをおこしやすいのです。砂糖は、ブドウ糖と果糖がくっついているのですが、これが分解されなくても吸収されることがあり、エネルギーとして使えぬまま、腎臓に多大な負担をかけてしまうからです。

血糖値の急激な上昇に注意!

清涼飲料水などによく使われているのが、ブドウ糖果糖液糖。アイスクリームやドレッシングにも使われているものです。ブドウ糖果糖液糖は他の糖類と比べて吸収がとても早く、血糖値を急激に上げてしまいます。

清涼飲料水の中に入っているブドウ糖果糖液糖は、なんと、1割以上。普通なら甘すぎて飲めないようなものを、クエン酸などの酸味料でごまかしているので、気づかないうちに、とんでもないほどの糖分過多になってしまいます。

甘いものを食べると一時的に元気が出るように感じますが、あとで余計にだるくなったり集中力を欠いたりするのは血糖値の変動によるもの。糖を含んだ食べものや飲みものを頻繁に摂取する生活をつづけていると、血糖値の急激な上昇と急激な低下をくり返すジェットコースターのような血糖値の変動や、低血糖状態に陥ります。自律神経のバランスは乱れ、イライラや焦燥感、不安や恐怖感、頭痛や動悸等に悩まされることに・・。

「低糖」「砂糖不使用」にもご用心

「砂糖が入っているものは食べないようにしている」。だから安心?そうとは限らないから、怖いのです。たとえば、アンパンをつくって売っているパン屋が、砂糖ひかえめの自家製のアンをつくり、砂糖を使わないパン生地に包んで焼きあげても、「砂糖無添加」と表示できません。でも、砂糖の含まれたアンを仕入れてパンを焼きあげれば、堂々と「砂糖無添加(不使用)」と表示できるのです。「無添加」や「不使用」とは、食品の加工段階で砂糖を使っていないだけ。食品に含まれていないわけではないのです。

さらに、500mlの清涼飲料水のペットボトルに6.2gの砂糖が入っていても、「ノンカロリー」表示はできるし、キシリトールで甘みをつけた飲み物は100kcal以上でも、「無糖」や「糖分ゼロ」の表示OK。「砂糖に気をつけている」つもりのあなたも、くれぐれもご用心ですよ〜!

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告