ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

ストレスは老化を確実に促進!!

最善の対策を考えよう

 

多くの方々にとって、3月、4月は一年中で最も大きな変化にさらされる時期。受験、就学、就職、退職、転勤、引っ越し、新たな人間関係…ただでさえ季節的要因、環境的要因が体のストレスになっているのに、生活上の変化はさらに大きなストレスとなり、体のあらゆる部分に影響を及ぼします。「ストレス」という言葉は軽々しく使われる傾向にありますが、実は、体内では大変なことが起こります。青酸カリの何倍ともいわれる強い毒が発生、大事な細胞やDNAを襲い、私たちから若さと健康を奪っていくのですから・・・。

現在社会において、ストレスなしの生活はない

めまぐるしく移り変わる現代社会に生きている私たちは、大小の差こそあれ、毎日多くのストレスを受けています。受験戦争は母親にも子供にもストレスをかけます。夫婦、嫁姑、関係、友人、会社の上司、同僚との関わり合い、取引先とのトラブル、仕事上のプレッシャー、経済的問題、疎外感、町中の混雑、交通渋滞・・・右を向いても左を向いても、この世はストレッサーだらけ。複雑な現代社会の中、ストレスを経験しない人はいないといってもいいでしょう。自分にはストレスなんてないと思っている人でも例外ではありません。誰でも心身共にねじられた状態、つまりストレスを経験するものですが、誰でもがうまく対処できるとは限りません。

肉体的なものでも、精神的なものでも、体は一定レベルまではストレスに対応できます。たとえば、女性の過食の80%はストレスが原因といわれますが、軽いストレスでは、脳内のセロトニンという神経伝達物質が減ります。セロトニンが少なくなると、甘いものや炭水化物がどうしても欲しくなります。結局、甘いものを食べるとセロトニンレベルが安定。ストレス解消ができるのです。

短期間の軽いストレスの影響は、太る程度でそれ以上深刻な問題には発展しないでしょう。しかし、強烈なストレス、あるいは慢性的なストレスとなると、体はそれに対応しきれず、体内での破壊活動が始まります。

ストレス時には体内で活性酸素が大暴れ

怒り、不安、恐怖、強い驚きなどのストレスを受けると、交感神経が急に緊張し、アドレナリン、ノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。すると、血管が収縮し、血圧が上がり、心臓や筋肉への血液供給が増え、脈拍が早くなり、防御態勢が準備されます。

このような状態が続くと体内の大きなダメージにつながるため、体は元の状態に戻ろうとし、酵素を出動させてホルモンの分解にかかります。ところがこの分解過程でヒドロキシルラジカルが発生します。これは、活性酸素のなかでも最も凶悪なテロ分子です。

活性酸素は「活発な酸素」を意味し、強い酸化力を持っています。この酸素が真っ先に酸化のターゲットにするのが体内の脂質。つまり細胞膜です。人間は細胞が沢山集まってできていますが、その細胞を包んでいる膜の主成分は天ぷら油と同じ「不飽和脂肪酸」。使い古して時間のたった天ぷら油は黒ずんで、いやな臭いがし、食べるとムカムカしたり、お腹をこわしたりしますね。これは、天ぷら油が酸素によって酸化したために起こるのですが、全く同じ変化が体内の細胞レベルで起こります。

活性酸素は細胞膜を酸化し、細胞内の小器官を襲い、酵素も働けないようにしてしまいます。生体内の重要な働きがストップすれば、壊滅的なダメージ、つまり生命危機を意味します。核内に大事にしまい込まれているDNAが酸化されたら遺伝情報が狂い、細胞は本来作るべきたんぱく質ではないものを作り始め、ガンの発生などにつながります。

活性酸素には酸化力の弱いものから、飛び切り強いものまで、4種類の仲間がいますが、飛び切り強い活性酸素であるヒドリキシルラジカルが、ストレス反応においては主役をつとめることになるのです。

さらに、ストレスの強度が一定の限度を超えると、体はステロイドホルモンを分泌してこれに対抗しようとします。このホルモンが作られるときにも、分解するときにも、ヒドロキシルラジカルが再登場。しかも、今度は、これまた強〜い酸化力を持つ仲間、一重項酸素と共謀して、体内破壊の悪事を重ねます。

強いストレス状態におかれると、私たちの体は何種類もの酸素毒によって、ダブルパンチ、トリプルパンチを浴びさせられることになるわけです。

早急にストレス解消法を見つけよう
そして、活性酸素対策も忘れずに

精神的な要素は、体に大きな影響を与えます。常にリラックスして、平常心を保ち、何事もいい方にいい方にと考えることが、ストレスをためない秘訣。また、必要栄養素をしっかり体内に吸収させることも、ストレス対策として非常に重要です。

凶暴な活性酸素を体内にのさばらせておくことは、生命体の死を意味します。そこで私たちの体には、酸素の害から体を守るため、さまざまな物質が用意されています。活性酸素の悪事は「酸化」ですから、酸化を防ぐ物質ということで、すべてひっくるめて「抗酸化物質」とよんでいます。

私たちの体の60兆にもおよぶすべての細胞に用意されているのがSOD(SuperOxide Dismutaze)という酵素。SODはスーパーオキサイドという常に体内で発生している活性酸素を多少酸化力の弱い別の活性酸素に変えます。それを今度はカタラーゼおよびグルタチオンペルオキターゼという酵素が完全に解毒してくれます。もっとも強力な一重項酸素やヒドロキシルラジカルをやっつけてくれるのは尿酸やビリルビン。これら生理的生産物は、総力をあげて私たちの体を活性酸素から守るため、体に常備されています。

ただ、これらの総合力は、せいぜい40歳くらいまでしか保たれません。それも遺伝的に恵まれている場合で、成長期や青年期にしてすでに合格ラインを下回ってしまっているようなケースもあります。ちょっとしたストレスに出会うだけで急に老け込んでしまうような方は、このタイプです。

これら体内で作られる抗酸化物質の働きを強めるには、材料となるたんぱく質、生産工程に必要なエネルギー源や各種ビタミン、特にB群とCの補給が重要です。また、自分の消化酵素が無駄使いされると、体内の酵素は効率よく働けませんので、食事のたびにウルトラ酵素などを補っておくことも必要です。

体内で作られる活性酸素除去物質を直接外から入れていくことはできませんが、その気になれば、補える抗酸化物質もいろいろあります。ビタミンA・C・E・B2・B6・セレニウム・DNAおよびカロチノイド、ポリフェノール、フラボノイドなどの植物成分がこれにあたります。

イライラ、高血圧、頭痛、肩こり、食欲不振、下痢、潰瘍や結腸炎などの症状は、その症状だけを薬などによって抑え込むことよりも、それら症状を引き起こしているストレスそのものの対処をキチンとしなければ、より深刻な病状につながっていきます。

肉体的ストレス時はもちろん、精神的なストレス時にも、体内で暴れ回る活性酸素を除去するため、各種抗酸化栄養素を通常の2〜3倍量とることを心がけて下さい。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告