ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

太っている人の70%は

カロリーの摂りすぎではない!

 

栄養素不足が脂肪をため込む

「ダイエット」というと、食べる量(カロリー)を減らせば痩せられると思っている方がほとんどではないでしょうか?まず、この考えを頭から追い出すことにしましょう。

自分の体が使っている以上のカロリーを摂り続けていけば、太るのは当たり前のこと。でも、摂取カロリーから見て、決して食べ過ぎていないのに痩せられない、あるいは太ってしまうという方がほとんどというのが現状です。皆様の中にも、1日せいぜい1000キロカロリー程度しか摂っていないのに痩せられないと悩んでいる方も大勢いらっしゃると思います。

運動など一切しなくても、女性の場合であれば、体が生き続けるだけに最低必要な基礎代謝量が1400〜1600キロカロリー。活動に必要な3〜400キロカロリー合わせて、1日1800〜2000キロカロリー程度摂っていても、本来太ることはありません。ところが、この範囲内でしかカロリーを摂っていない、あるいは、これ以下しか摂っていないのに太るというケースが肥満者の70%にもおよぶのです。この範囲以上のカロリーを摂る、いわゆる「食べ過ぎ」で太っている人は全体のわずか30%。つまり、食べる量以外の理由で、余分な脂肪が蓄積されてしまっているということなんです。

それでは、摂取カロリーは多くないのに太るということは、どういうことでしょうか。実は、体の中が活発に働いていないからなんです。入ってくるカロリーは少ないけれど、カロリーの消費がそれ以下ということなのです。運動量のことをいっているわけではありません。食事から得たエネルギーは体内の代謝活動に一番多く消費されます。何らかの原因で新陳代謝が活発でなくなると、カロリーの消費が少なくなるため、体は余ったカロリー分を脂肪として蓄えるようになるのです。

何故、代謝機能が不活発になるのだろう

代謝が活発に行われ、私たちの60兆におよぶすべての細胞が常にフルパワーで活動してこそ、体内ではどんどんカロリーが消費され、無駄な脂肪が燃焼したり、新たな脂肪がつかないようになります。そのためには、代謝酵素が体内でしっかり作られ、スムーズに働いてくれる必要があります。酵素の働きなしにはいかなる代謝も行われないのですから。

たいして食べていないのに太る、痩せにくい、リバウンドばかり繰り返す、などと悩んでいる方は、要チェック。次のような状態では、体内の酵素はきちんと働いてくれません。

体に必要な栄養素の不足

  • 必要な栄養素が揃っていなければ、代謝酵素は作られることも、働くこともできません。そんな状態では、細胞の活動もスローダウン。働かなければ、エネルギーの消費も最小限に抑えられることになります。栄養素が不足する理由は、@摂取量が足りないか、A摂取していてもうまく消化吸収されていないかのどちらかです。

    体が必要とする栄養素は想像以上に多いものです。あるアメリカの研究データでは、食事から必要な栄養素をまかなうには、一日7キロの野菜・果物を摂らなければならないといいます。厚生省の指導通り、一日30品目食べていたところで、絶対必要量が確保できるわけではありません。食事から摂れない栄養素はサプリメントで補う必要があるのです。

    また、いくら適切な栄養素を口から入れても、消化吸収されなければ、代謝酵素を働かせることはできません。細胞だって、せっかくの栄養素を利用できません。口から肛門に至る消化器官はまだ体の外側。口から取り込んだ栄養素が、体内に入り込むには、多くの消化酵素と消化器官の良好な働きが必要です。代謝活動を常に最高の状態に保つには栄養素摂取と同時に消化吸収を考えること。食事の50〜75%は生ものにし、調理をしたものを食べるときには消化酵素の助けを借りる…健康を維持するためだけではなく、無駄な脂肪をため込まないためにも重要なのです。

  • 毒素、老廃物の排泄がうまくいっていない

    栄養素を摂取し、それらが消化吸収されたからといって、代謝が活発になるとは限りません。私たちは年間2万5千種類以上、約4キロもの毒素を体内に取り込んでいます。また、代謝産物として老廃物が日々発生しています。これらがスムーズに排泄されず、体内に留まったままでいると、代謝酵素の働きは阻害され、細胞は本来の働きができなくなるからです。体内クリーニングの必要性を繰り返しお話しするのはこのためです。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告