ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

グルコサミンとコンドロイチンの
効果は期待できない?


膝50歳以上の人の悩みの種といえば、膝の痛み。TVコマーシャルなどではグルコサミンやコンドロイチンを配合した、「膝関節サプリ」が盛んに宣伝されています。しかし、"University of Montreal Hospital Research Centre"が先月発表した研究は、変形性膝関節炎に対するこうした関節サプリの効果を疑問視しています。

この研究では、参加者600人を対象に、@MRIを用いた検査を行って関節のあいだの隙間をチェックし、A24ヶ月間にわたって関節炎の症状と進行状態を監視。その結果、関節サプリだけを服用しているグループと何も服用していないグループでは、変形性関節炎の進行や膝の痛みに違いは見られなかったといいます。

それはそうでしょう。グルコサミンやコンドロイチンは関節のための大切な栄養素ではありますが、これだけを摂取したからといって改善は無理。高タンパク食・高ビタミン食をベースに、消化をサポートする酵素、GLA、ケイ素、MSMなども必須だからです。
 また、膝は活性酸素除去酵素が少なくて、酸化しやすいという弱点をもっています。ビタミンCやEほか、抗酸化栄養素もしっかりとる必要があるのです。

なお、関節痛に悩まされている人は、適切な栄養摂取に加え、ナス科(ジャガイモ、トマト、ナス、ピーマン、シシトウなど)は、食べないようにしたほうがいいですね。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告