ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

ペッタリお腹だけじゃない!

腸ダイエット
全身スリム&美肌のヒミツ


女性にとって最もポピュラーな体の悩みといえば、「便秘」。でも、実は最近、男性でも便秘で悩む人が増えているのだとか。さらに、「便秘とは無縁!」と、安心しているあなたのダイエットが成功しない原因は、腸内環境にあるかもしれません。今、男女を問わず注目を集めている、『腸ダイエット』とは。

外部から温めよう

便秘というと、何日も便が出ない状態をイメージする人が多いですが、実は、毎日排便があっても「便秘」ということもあるのです。

健康な便は、黄褐色でニオイがありません。2〜3日に一回しかでなくても、便が健康な状態で、毎回スッキリと排泄できていれば◎。問題は、排便の回数ではないのです。逆に、毎日排便があっても、次の項目にある状態にひとつでもあてはまれば、ヘドロをためこんだ隠れ便秘、あるいは、なんらかの腸のトラブルが隠れている可能性があります。

・水分の少ないコロコロした便が出る。または、いつも便が水っぽい。
・便の量が少なく、残便感を感じる。
・便の色が黒い。
・便やオナラが臭い。

腸内環境とダイエットの関係

ウエストライン「宿便」という言葉を聞いたことあるでしょう?小腸内の腸壁は、シャギーじゅうたんのような絨毛(じゅうもう)と呼ばれる突起でびっしりなのですが、そのあいだに未消化物質がヘドロのように溜まっています。

これらをエサに悪玉菌が増加、毒素を発生させます。発生した毒素は血中にはいり込み、血液を汚します。便秘をすると頭が痛くなったり、体調が悪くなるのはこのため。血液の汚れは体内の酵素の働きを阻害しますから、代謝は著しく低下します。肝臓や腎臓にも負担がかかるため、全身のさまざまなトラブル発生につながります。

また、腸内にヘドロやガスがたまると、周辺の血管やリンパ管を圧迫して、血液やリンパ液の流れをジャマします。こうなると、下半身のむくみや冷え、ひいてはセルライトの形成にも!

腸内を定期的にクリーニングすることは、どんな人にとっても、代謝アップや健康維持に必要不可欠なのです。

自然の恵みのパワーで腸内を大掃除

だからといって、下剤や便秘薬を使用することは絶対にタブー。ハーブ類や自然の食物の力を上手につかって、汚れきった腸内を大掃除しましょう。

腸内クリーニング系サプリの代表格といえる、バイオバーブは、ヘドロを一掃するだけなく、あずきエキスや大豆レシチンなどの組みあわせで、組織内に溜まった水分を追いだし、さらには、余分な脂肪まで運びだす、高機能ダイエット食品。デルーチャ・スイートは、フルーティでおいしいハーブティ。デトックスハーブ、キャンドルブッシュのパワーで、飲んでほっこり温まり、しばらくすると、おだやかでありながら、格別のスッキリ感が…。

さらに徹底的なクリーンアップを目指すなら、生ジュース絶食がオススメ。生ジュースは食物酵素がたっぷりで、天然の恵みをあますことなくとりこめるばかりか、豊富な食物繊維がヘドロの一掃に役だってくれます。

ジューサーは消化器官の働きを肩がわりしてくれるので、貴重な栄養素はストレートに体内に吸収されます。体は消化酵素づくりの重労働から解放され、その分、エネルギーや栄養素はほかの代謝にまわすことができるようになるため、代謝アップが望めます。

さらには、野菜やフルーツに豊富に含まれる抗酸化栄養素やビタミン&ミネラルのはたらきで、傷ついた腸壁の修復が進み、腸が元気に!

午前中はフルーツの生ジュースを、午後は野菜の生ジュースを、1日合計6杯程度飲むだけの生ジュース絶食なら、腸内環境の改善とダイエットが一度に叶います。月に一度、一回3日間が望ましいですが、週に1回、1日だけのジュース絶食でも十分に効果が実感できます。しばらくのあいだ、週末は生ジュースの日、としてもいいですね。

どうしても生ジュースをつくれない、という人は、パーフェクトエンザミンをつかうことで、簡単・手軽にクリーニング絶食が可能になります。

うれしい変化がいっぱい

腸内がきれいになると、ぽっこりでていたお腹がペッタリとへこむだけではなく、体の軽さや、ダイエット効果のでやすさなど、驚くほどの変化を実感できるはずです。お肌もきれいになりますし、むくみや冷えが軽減し、疲れやすさも吹きとぶでしょう。それだけ、腸はからだにとって重要な場所ということ。日常的にスムーズな消化・吸収&排泄に目をむけるとともに、定期的なクリーニングをおこなうことで、「クリーンな腸」をキープしましょうね。

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告