ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

筋力アップでスリムな

ナイスボディを実現!

スリムになりたいけど、筋肉はつけたくない!そんな女性は意外と多いもの。でも、実は筋肉は脂肪を燃やす大切な「炉」。筋肉を使わなかったり、間違ったダイエットで筋肉が減ってしまうと、エネルギーをつくりだす場所がなくなって、代謝はダウン。冷えやむくみ、下半身太り、肌荒れ、老化の促進をはじめ、さまざまな不快症状がでてきます。太りやすく痩せにくい体質をつくることにも!ムキムキにならずに、健康スリムボディ間違いなし!の方法がちゃ〜んとあるんですよ!

スリムボディに筋肉は邪魔?

食べすぎれば太るのは自然の理。でも同じ食事量でも太る人と太らない人がいるのはなぜ?それは基礎代謝におけるエネルギーの消費量がちがうから。基礎代謝率が低いと、食べたものをエネルギーとして消費しきれないため、太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝を高く維持できれば、エネルギーは効率よく消費され、寝ている間も脂肪は燃やされます。代謝アップ→スリムボディの鍵は、まさに基礎代謝が握っているのです。

基礎代謝量は、栄養状態のほか、筋肉の量によって大きく左右されます。なんたって全エネルギーの25%以上が筋肉で消費されるのですから!間違ったダイエットで筋肉を失えば、一時的に体重が減っても、消費エネルギーも減るため簡単にリバウンドしてしまいます。逆に筋肉をしっかり維持し、鍛えることに目を向ければ、効率よくエネルギー消費を高めて、太りにくくやせやすい体質をつくることができるのです。

筋肉ムキムキになんてイヤ!

筋肉を鍛えれば代謝アップするとわかっても、ムキムキにはなりたくない!当然ですよね。でも、そんな心配はいりません。

筋肉にはいくつかの種類があり、表面に近いところはおもに白い色の「白筋」、深いところはおもに赤い色の「赤筋」があります。白筋と赤筋とは役割がちがいますし、エネルギー代謝のタイプもちがいます。基礎代謝率アップに関与するのは、赤筋です。

白筋がムキムキになりやすいのに対し、赤筋は鍛えてもムキムキにはなりません。にもかかわらず基礎代謝を上げることができるのは、赤筋を鍛えることで、体内のエネルギーをつくる装置、「ミトコンドリア」が活性化するからです。

ミトコンドリアは赤い色をしていて、各細胞内に何千個と存在するのですが、特に筋肉細胞の中には多いのです。もうおわかりですね。赤筋はミトコンドリアが多いために赤くみえるわけです。

ミトコンドリアの活性化がスリムの近道

血液によって細胞に届いた脂肪や糖は、細胞内ですこしずつ分解されたあとミトコンドリアの中に運ばれ、エネルギーにかえられます。ミトコンドリアの数が多ければ多いほど、ミトコンドリア一つ一つの働きが良ければ良いほど、エネルギーは増産され、脂肪の燃焼力は高まります。

ミトコンドリアを増やすためには有酸素運動(Aerobics)、赤筋を増やして鍛え、ミトコンドリアを活性化するにはアイソメトリックス(Isometrics)とストレッチ(Stretching)。これら3種類(AIS)の運動をうまく組み合わせて行えば、筋力アップ+代謝アップ=スリムなナイスボディ!!激しい運動やダンベル運動なんて必要ないのです。AISは誰でも、どこででも、今すぐはじめられる簡単トレーニング。しなやかで太りにくい、理想的なボディを目指しましょう!
 今日からはじめるAISトレーニング

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告