ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ストレスケアと食事法

 

体に効くサプリメント選択術

 

ストレスニュートリション

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

 

 

スポンサー広告

 
スポンサー広告

そうだったの?! 
目からウロコの栄養素

ルテイン

   
「どうしたの? シュンとしちゃって…」
 
「おばあちゃんがね、加齢黄斑なんとかって病気で眼が見えにくくなっちゃって…」
 
「加齢黄斑変性(AMD)ね。眼の病気で、視野がゆがみ、いずれは視野の中心が欠けてしまうのよね」
 
「うん。見たいところだけ見えないって。私も歳をとるとそうなっちゃうのかなぁ…?」
 
「加齢黄斑変性や白内障の予防にはルテインをとるといいわよ」

 
ルテインの眼への働き

 
「ルテインもこれもカロテノイドの一種で、ほうれん草などに含まれる黄色の色素なの。人の眼や皮膚などにも存在するのよ」
 
「そのルテインが、なぜ眼にいいの?」
 
「強すぎる光をさえぎったり吸収したりして、眼のダメージを抑えてくれるのよ。カロテノイドだから、抗酸化作用もあるわね」
 
「そうなんだ〜」
 
「同じカロテノイドの仲間、ゼアキサンチンもルテインとほぼ同じような働きをするの。アスタキサンチンもやはりカロテノイドの仲間で、これはレンズ群や網膜の炎症を抑えてくれるので、一緒にとるといいのよ」
 
「カロテノイドって、眼にもいいのね」
 
「そうね。眼の中に存在するルテインやゼアキサンチンが少ないと、加齢黄斑変性や白内障などにかかりやすいといわれているの」


まだまだあるルテインのすごさ

 
「ルテインの活躍場所って、ほかにもあるの?」
 
「あるわよ!ルテインは、皮膚の水分量を増やして脂質の量を調節し、潤いと弾力のあるお肌を保ってくれるの。光のダメージからお肌を守ってもくれるんだから〜」
 
「光のダメージって、紫外線?」
 
「紫外線というより、お肌の奥まで到達して害をおよぼす青色光を吸収して、その深刻なダメージからお肌を守ってくれるのよ」
 
「そうなんだぁ」
 
「それに、乳房や子宮頚部にも多く存在していて、乳がんの予防や予後にも役立つといわれているの」
リコペンに期待できる効果
 

効果的にルテインをとろう

「どうやったらルテインをたくさんとれるのかなぁ?」
 
「ルテインはケールやほうれん草などに含まれているから、緑黄色野菜をしっかり食べたいね」
 
「じゃ〜、生ジュースがいいのかな?」
 
「そうね。それと、【眼ぢからサポート】を、うまく使ってほしいな」
 

Topics Lineup

 

 

スポンサー広告

 

 

サイト内検索

記事カテゴリー

スポンサー広告