ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 
ナタタイ健康通信のご購読を!

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス:

メールアドレス:

バックナンバーはこちら
プライバシーポリシー
 

・最新の美容&健康情報、ナターシャ・タイムズ更新 情報などを、月1〜2回、お届けいたします。
・解除は、いつでも簡単にできます。

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャのメールマガジン 下半身がみるみるやせる!!

 

ナターシャの公式Facebookページへ
ナターシャの公式Facebookページへ

ナターシャの最新刊

40歳からのホルモンリセット 脚もお腹もお尻もスッキリ! ナターシャ・スタルヒン著

みるみる下半身から細くなる「美脚食の習慣」 ナターシャ・スタルヒン著

食べて、動いて「美脚になる50の習慣」(文庫) ナターシャ・スタルヒン著

食べて、動いて「美脚になる50の習慣」 ナターシャ・スタルヒン著

やせたい人は、温めなさい!〜食べて燃やすダイエット〜 ナターシャ・スタルヒン著

酵素力をアップして脂肪がみるみるスッキリ!ナターシャ・スタルヒン著

むくみ・セルライトを落として下半身がみるみるスッキリ!ナターシャ・スタルヒン著

フルーツで野菜で!生ジュースダイエットナターシャ・スタルヒン著

セルライトがすっきり美脚痩身術ナターシャ・スタルヒン著

アミノ酸で10歳若返るナターシャ・スタルヒン著

生ジュース・ダイエット健康法ナターシャ・スタルヒン著

 

 

スポンサー広告

お正月についた脂肪を賢くスピーディーに解消して

ぽっこりお腹にサヨナラしよう!

 

どうしても食べ過ぎてしまう年末年始。この期間だけで3〜4キロ増という方も多いのでは。松の内が明けるころには「え?これって私のお腹?」なんてことになりがちです。短期間でついてしまったお肉は短期間で落とすに限る!

脂肪にあっさりサヨナラして、ぺったりお腹を取り戻す方法を伝授します

ぽっこりお腹、これが原因だった!

それほど太っていなくても下腹部がぽっこり出てしまう。実はこれ、特に女性にはよくある悩み。では、どうしてそうなってしまうのでしょう。その原因は次の3つ。

①下腹引き締め筋が休眠

座ってばかりいて歩くことが少なく姿勢も悪いことが多い現代人。このような生活習慣では下腹を引き締める筋肉群を使うことが少なくなります。使われない筋肉は怠けてしまい、休眠状態に。筋肉が弱ると姿勢の悪さに拍車がかかり、下腹ぽっこりがさらに目立つように! 筋力の低下は骨盤のゆがみも招き、これもまた下腹が出る原因になります。

②内環境が悪く大腸が垂れ気味

下腹引き締め筋が弱ったため腸が下垂してしまうことも大きな原因となっています。腸が垂れ気味だと便やガスが溜まりやすくなるため腸が膨らんでしまいます。腸内環境が悪いと代謝が落ちるため、脂肪も蓄えやすくなります。これでは下腹が出てしまうはずですね。

③タンパク質不足と糖質過剰

糖質が多くタンパク質やビタミン・ミネラルが少ない食生活を続けていると、代謝が低下しエネルギーを燃焼しにくい体質に。皮下脂肪・内臓脂肪が増えて、もちろんお腹ぽっこり。

この3つの原因がわかると、ぽっこりお腹の解消法がわかってきます。つまり、【①眠っている下腹引き締め筋を鍛える ②腸内環境を改善する ③食生活を低糖質・高タンパク&ビタミン・ミネラルたっぷりに変える】ということになります。では実際にどうすればいいかをお話ししていきましょう。

ステップ1 目覚めよ、下腹引き締め筋!

下腹筋が弱っている人は、力を入れようとしても筋肉の使い方そのものを忘れてしまっているため、下腹をぐっと引っこめる事ができません。お腹の筋肉は腹横筋、下部腹直筋、大腰筋の3つが連携しています。これらを強化するのに最適なのはアイソメトリックス。

①姿勢を正して立ち、両手で逆三角形をつくっておへそを囲むように置きます。

②息を吸いこんでとめ、下腹に徐々に力をいれながらへそ下を背骨にくっつけるように引っこめ、もうこれ以上無理というところで6秒キープ。

③手でお腹を圧迫しながらゆっくりと息を吐ききります。

これを3回程度1日おきに続けましょう。2〜3週間で目に見えて効果が表れます。さらに、日常生活では、いつでも下腹を引き締めて良い姿勢を保つようにすると効果的。

下腹引き締め筋が鍛えられれば大腸も本来の位置に戻り、悪化していた腸内環境や骨盤のゆがみも徐々に改善されてきます。

ステップ2 理想的な腸内環境に整える

数千種類もの腸内細菌が鍵を握る腸の健康。便秘がちだといわゆる悪玉菌が増え、ガスや毒素で腸が汚れ、ますます便秘しやすくなってしまいます。そればかりか血液も汚れ、肝臓や腎臓にも負担がかかり、代謝の低下に従い健康レベルも低下します。悪玉菌を増やさないようにするには、腸内に未消化物質を残さないことがまず第一。それには食事前に酵素サプリメント(ウルトラ酵素がベスト)を摂取。食物を完全分解することで悪玉菌のエサを減らし、増殖を抑えることにつながります。発酵食品も積極的に摂りたいですね。ヨーグルトや納豆などは手軽に食べられるので、毎日でも食卓にのせましょう。善玉菌が作り出す豊富な生産物質の恩恵を受けるには、アミタユスがおすすめです。

ステップ3 脂肪を燃やす食生活へ!

すでについてしまった脂肪を分解し、燃焼させるにはタンパク質が不可欠です。さらに甘いものはもとより、ご飯やパン、パスタ、麺類などの糖質を控えることによって、脂肪が燃焼されやすい状況になります。重要なのは、このようなサイクルを実現するには、サポート役のビタミン・ミネラルが必要不可欠であるということ。その究極のプランが、NS式。NS式で一番サイズダウンしやすいのはウエスト周りですが、これは、ぽっこりお腹の原因の一つ、皮下脂肪や内臓脂肪の解消にとても有効な証です。 また、普段の食生活として理想的なのは糖質4:タンパク質3:脂質3のバランスで食事を摂ること。これを継続していけば、脂肪を溜め込まない、代謝のいい体質になっていきます。

サプリを上手に組み合わせて

アイソメトリックスはともかく、腸内環境や食生活の改善は、食事から摂れる栄養素だけではなかなか難しいものです。サプリメントを上手にとりいれて、健康的に、スピーディーに、ストレスフリーで続けていくことができるよう工夫しましょう。

ぽっこりお腹解消のデイリーサプリとしておすすめはバイオハーブウルトラ酵素。ウルトラ酵素で消化吸収を助け腸内に未消化物が残りにくい状況をつくり、悪玉菌の増殖をストップ、また、バイオハーブに含まれる天然ハーブは老廃物の排泄ばかりか、余分な水分の排泄や脂肪の合成抑制/分解を促します。つまり、溜まることより、クリーニング優先の状況がつくれるのです。

Topics Lineup

 

 

 

スポンサー広告

サイト内検索

記事カテゴリー